P19-18 : エストロゲン分解菌の探索とウキクサ共生浄化の試み

川畑 亜美1,森本 洋輔,三輪 京子2,森川 正章3 1北大・理・生物科学, 2北大・地球環境科学院・生物圏科学, 3北大・地球環境科学院・生物圏科学 研究の背景 エストロゲン類には排水あるいは環境基準は設けられていないが、河川に混入した場合魚介類のメス化や雌雄同体化を引き起こすことが報告されている。またエストロゲン類は活性汚泥処理において分解の難しい物質の一つとされている。当研究室では従来の活性汚泥法を補完する水処理技術として水生植物と根圏微生物の共生系を活用した植生浄化技術基盤の構築を目指している。本研究では、ウキクサ根圏と活性汚泥からエストロゲン分解菌を取得
Posted On 20 10月 2014

P19-08 : 塩害土壌におけるファイトレメディエーションに植物生育促進細菌を接種した影響

森 龍章,豊田 剛己1 1農工大院・BASE ファイトレメディエーションは他の土壌洗浄法に比べてローコストであり、広範囲の汚染物質の除去が可能であるメリットがあるが、除去能はバイオマスや生育速度に頼る点がデメリットとしてあげられる。本研究では窒素固定菌(NFB)を接種した植物体を用い、津波による塩害土壌におけるファイトレメディエーションへの影響を調査した。植物試料としてソルガム(つちたろう:TT、グリーンソルゴー:GS)を用いた。①NFBの単離:2品種のソルガムの種及び福島県塩害土壌から、希釈平板法(NaCl濃度1.0%無窒素培地)で細菌株の単離を行い、半流動培地
Posted On 20 10月 2014

P19-19 : モデル環境下における接合伝達性プラスミドの挙動解析

飯田 健義1,竹本 裕史1,山村 杏子2,片岡 大亮2,金原 和秀1,新谷 政己1 1静大院・工・化学バイオ, 2静岡大学工学部物質工学科 【目的】微生物細胞間を移動し、新たな細胞内で複製することが可能な接合伝達性プラスミドは、微生物の環境適応能に寄与すると考えられている。我々は、この性質を利用し、微生物に環境浄化能を付与することで、高効率・高確度な環境浄化システムの構築を目指している。本研究では、その第一歩として、ダイオキシン類分解能を宿主にもたらす接合伝達性プラスミドの伝達頻度と分解能力を評価した。 【方法】接合伝達性プラスミドとしてpHKA1::Kmを作製し
Posted On 20 10月 2014

P19-09 : PCB分解菌におけるカテコール分解遺伝子の転写制御

伊藤 拓1,工藤 大祐2,福田 雅夫3,遠藤 銀朗2,宮内 啓介2 1東北学院大院・工, 2東北学院大・工, 3長岡技科大・工 ポリ塩化ビフェニル(PCB)分解菌Rhodococcus jostii RHA1は、PCBをビフェニル(BP)との共代謝によって分解する。これまでに、BPから安息香酸(BA)までの分解に関与する遺伝子群の転写がBP存在下で活性化すること、その転写活性化はBphS1、およびBphT1 / BphT2からなる二成分制御系によって行われていることが明らかになっている。BAはBenABCおよびBenDによってカテコールへと変換され、カテコールはC
Posted On 20 10月 2014

P19-20 : Ecological Control: Lactobacillus strains Interfere the Growth of a Periodontal Pathogen

Jaffar Norzawani1,Maeda Toshinari1,Mizuno Kouhei2,Okinaga Toshinari3 1Dept. Biol. Functions Eng., Kyushu Inst. Technol., 2Dept. Materials Sci. Chem. Eng., Kitakyushu Natl. College of Technol., 3Div. Infect. Mol. Biol., Kyushu Dent. Univ. The oral ecology constitutes of several species
Posted On 20 10月 2014

P19-10 : 低温環境下でのA重油分解菌の挙動と分解能の評価

櫻井 琢磨1,杉山 賢吾1,岩間 映月2,新谷 政己1,金原 和秀1 1静大院・工・化学バイオ, 2静大・工・物質工 油汚染環境の浄化手法として,微生物を利用したバイオレメディエーションは,これまでに広く研究されている.しかし多くの場合,温度条件が25-30℃に設定されており,必ずしも汚染環境の実情を反映していない.そこで本研究では,油分解菌を用いて,低温環境下におけるA重油の分解能の評価を行った. 油分解菌Rhodococcus erythropolis A株を,1/3LB液体培地を5 mL入れた試験管に植菌し,30℃,120 rpmで48 h培養したものを前培
Posted On 20 10月 2014

P19-21 : 土壌微生物の特性を利用した放射性セシウムの濃縮・回収技術の開発

野本 健太1,村田 森応1,古田 雅一1,岸田 正夫2,武藤 明徳1,徳本 勇人1 1大阪府立大院・工, 2大阪府立大院・生命環境科学 【背景と目的】2011年の福島第一原発事故で9.0×1017 Bqもの放射性物質が環境中に放出された。高濃度汚染地域では汚染土壌を削り取ることで除染が行われている。しかし、削り取った大量の汚染土壌を貯蔵する場所の不足やコストの高さが問題となり、低濃度汚染地域において除染が進んでいない。そこで本研究では、137Csの吸収に優れた土壌微生物を探索し、137Cs吸収能力の高い微生物を増殖させる技術を構築することで、低濃度汚染地域における
Posted On 20 10月 2014

P19-11 : ベトナム土壌からのダイオキシン分解菌の探索と解析

竹本 裕史1,飯田 健義1,TRAN VU NGOC THI2,福田 洸平2,新谷 政己1,2,金原 和秀1,2 1静大院・工・化学バイオ, 2静大・創造科技院 ベトナムの土壌や地下水は、ベトナム戦争時に散布されたダイオキシン類を含む枯葉剤によって現在も汚染されている。このような広範囲の汚染土壌を浄化するには、従来の掘削除去では莫大なコストを要するため現実的ではない。そこで当研究室では、微生物の多様な代謝機能と進化機構を利用した、低コストな新規浄化技術を開発するため、ベトナムと共同研究を行っている。本研究では、まずベトナム土壌からダイオキシン類の分解菌を探索・単離
Posted On 20 10月 2014

P19-22 : 微生物を用いたセシウムの回収法の検討

村田 森応1 1大阪府立大院・工 微生物を用いたセシウムの回収法の検討 村田 森応、野本 健太、野村 俊之、徳本 勇人、岸田 正夫、古田 雅一 大阪府立大学大学院 工学研究科、生命環境科学研究科 【背景と目的】2011年に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により大量の放射性核種が環境中に放出された。大量かつ広範囲に放出された放射性核種は複数あるが、中でも137Csはその半減期の長さから今後も影響が懸念されている。高濃度汚染地域では吸着剤や表土の剥ぎ取り等の手法が用いられる。これらの手法はコストや物理的制約に難点があり廃棄物の減量も求められている。しかし13
Posted On 20 10月 2014

P19-01 : バイオナノマテリアルを用いた微生物燃料電池の効率化

鈴木 渓1,餅原 弘樹2,細川 拓也2,久保田 博子2,由井 嵐士3,田代 陽介2,二又 裕之2 1静大院・自然科学系教育部, 2静大院・工, 3静大・工 微生物燃料電池(Microbial Fuel Cell : MFC)は次世代型のエネルギー生産システムとして着目されているが発電量が極めて低く実用化には至っておらず、発電力の大幅な向上が求められている。本研究では空気正極型MFCを構築し、高電流生産が確認された時(2.2±0.8 A m-2)、微生物を負電極上から単離し嫌気的液体培養を実施した。その結果、培地中に黒色の沈殿物が確認された。この微生物によって生じた
Posted On 20 10月 2014