P25-43 : 口腔うがい液に存在する歯周病菌と歯周病抑制菌の試料間比較

松尾 佳祐1,前田 憲成1 1九州工業大・院生命体工・生体機能応用工, 2, 3, , 近年、生活習慣病の一つとして注目されている歯周病は、口腔内の病原細菌による感染症である。その歯周病細菌群としては、Aggregatibacter actinomycetemcomitans菌(A.a.菌)やPorphylomonas gingivalis菌(P.g.菌)などが報告されている。また、歯周病が口腔内疾患のみでなく全身疾患と高い関連性を持つことがわかっており、有用な口腔内ケア技術の開発が求められている。一方で、プロバイオティクスを確立するためには、個人個人のうがい液中
Posted On 20 10月 2014

P25-44 : 細菌溶菌性デロビブリオ属細菌の弱酸性条件における大腸菌捕食阻害-遺伝子工学的手法を用いたメカニズム解明-

吉村 純一1,前田 憲成1 1九州工業大・院生命体工・生体機能応用工, 2, 3, , [背景・目的] デロビブリオ属細菌は、薬剤耐性菌に対する新規抗菌剤として応用が期待されている菌株である。デロビブリオ属細菌は、他のグラム陰性の細菌に侵入・増殖・溶菌する能力を持つ菌株であり、この一連の捕食機構が新規抗菌剤として期待される所以である。しかし、この菌株の大腸菌等への捕食作用の分子的メカニズムは未解明な点が多い。本研究では、デロビブリオ属細菌とpH環境の関連性に着目し、弱酸性条件下にてデロビブリオ属細菌による大腸菌捕食が阻害されることを発見し、遺伝子工学的な手法を用い
Posted On 20 10月 2014

P25-3 : インドネシアに生息するCyrtosia javanica根部から分離された菌類について

新垣 沙紀1,2,成澤 才彦1,Gayuh Rahayu2,Iman Hidayat3 1茨城大・院農, 2Bogor Agricultural University, Graduate School of Mathematics and Natural Sciences, 3Indonesian Institutes of Sciences (LIPI), , 目的:エンドファイトとは「植物の中」を意味するendo(=within)とphyte(=plant)からなる呼称で、植物体の組織や細胞内で共生的に生活している生物のことを指す。葉緑体を欠失したラン科植物(
Posted On 20 10月 2014

P25-35 : ケミカルバイオロジー的手法によるアブラムシ共生関連タンパク質の機能解析

上田 翔太1,岡村 恵子1,近藤 恭光2,斎藤 臣雄2,土`田 努3,中鉢 淳1 1豊橋技科大, 2理研, 3富山大, , 農業害虫として名高いアブラムシは、体腔内に「菌細胞(bacteriocyte)」と呼ばれる特殊な細胞群を持ち、その細胞質中に共生細菌ブフネラ(Candidatus Buchnera aphidicola, Gammaproteobacteria)を収納している。ブフネラは、約2億年にわたり垂直感染のみにより受継がれており、その過程で多くの遺伝子を失っているため、菌細胞の外では増殖できない。一方でアブラムシは、餌である植物師管液に乏しい栄養分の
Posted On 20 10月 2014

P25-4 : 植物根圏における高親和性水素酸化細菌の生理生態学的特性の解明

菅野 学1,Philippe Constant2,玉木 秀幸1,加藤 創一郎1,鎌形 洋一1 1産総研・生物プロセス研究部門, 2Centre INRS-Institut Armand-Frappier, Canada, 3, , 近年になって、既知の酵素の下限からさらに100倍低濃度の水素を酸化可能な高親和性ヒドロゲナーゼを持つStreptomyces属放線菌が土壌から発見され、大気中の水素の取り込みに主要な役割を担うと推定された。さらに、先の我々の研究から、高親和性水素酸化細菌は土壌だけでなく植物体内にも広く存在することが示唆され、植物表面および体内に局在して
Posted On 20 10月 2014

P25-36 : グラム陰性細菌中のQuorum Sensingを阻害する修飾シクロデキストリンの合成と機能評価

藤村 侑司1,諸星 知広1,池田 宰1 1宇都宮大・院工・物質環境化学, 2, 3, , 多くの病原性グラム陰性細菌はアシル化ホモセリンラクトン(AHL)を介した細胞間情報伝達機構Quorum Sensing(QS)により、色素生産、菌体発光、バイオフィルム形成、病原性の発現など様々な機能を制御している。AHLによるシグナル伝達を阻害すると、病原性細菌の病原性のみを抑制することが可能であり、抗生物質等に代わる新しい感染症予防技術として応用が期待されている。我々の研究グループは、環状オリゴ糖であるシクロ
Posted On 20 10月 2014

P25-5 : 不耕起雑草草生栽培圃場のダイズおよび近傍雑草の根に感染する共生微生物の群集解析

加藤 孝太郎1,奈良 吉主1 1公益財団法人農業・環境・健康研究所, 2, 3, ,  有機農業生産者の不耕起雑草草生栽培圃場におけるダイズとその近傍雑草に感染する根粒菌やアーバスキュラー菌根菌(AMF)の群集解析を行った。【材料・方法】①ダイズ(S):エンレイ(En), リュウホウ(Ry), フクユタカ(Fu), 株元中心で30cm角の土塊を切り出し採取、②雑草(W):エノコログサ(W-A), キンエノコロ(W-B), スギナ(W-C), 土塊周辺から採取、③栽培期間:64日間、④調査項目:ダイズ生育量, 根粒数, 単離根粒菌のrep-PCR, 根に感染したAM
Posted On 20 10月 2014

P25-37 : 改良型バイオアッセイ法による海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilumのN-acyl-homoserine lactone (AHL) 生産の検証

寺田 岳史1,沖見 卓哉1,梅影 創2,菊池 洋2 1豊橋技科大・院工・環境生命工, 2豊橋技科大・院工, 3, , グラム陰性菌に属する海洋性光合成細菌Rhodovulum sulfidophilumは、菌体外に自身の核酸を放出し、フロックと呼ばれる菌の凝集体構造を形成する。我々は過去の研究において、グラム陰性菌のクォーラムセンシングに関わる一般的なシグナル分子であるN-アシルホモセリンラクトン(AHL)を包接するα-シクロデキストリンが本菌のフロックの維持を阻害することを見出している。このことから、本菌のAHL生産とフロック維持に相関関係があること
Posted On 20 10月 2014

P25-6 : Phylogeny and Functions of Bacterial Communities Associated with Field-Grown Rice Shoots

大久保 卓1,2,池田 成志1,3,佐々木 和浩1,大島 健志朗4,服部 正平4,佐藤 雅志1,南澤 究1 1東北大・院生命科学, 2農環研, 3北海道農業研究センター, 東京大・院新領域, Metagenomic analysis was applied to bacterial communities associated with shoots of two field-grown rice cultivars, Nipponbare and Kasalath. In both cultivars, shoot microbiomes were domina
Posted On 20 10月 2014

P25-38 : 緑膿菌のQuorum sensingが口腔バイオフィルムを制御する?

森永 花菜,稲葉 知大,大浦 啓,豊福 雅典,内山 裕夫,野村 暢彦 1筑波大・院生命環境, 2, 3, , 【背景と目的】環境常在菌である緑膿菌は、口腔内にも存在することが知られている。口腔における緑膿菌は非常に数の少ないマイナーな細菌だが、口腔ケアが不十分な高齢者では高頻度に検出され、敗血症や感染性心内膜炎、誤嚥性肺炎と言った重篤な疾患の原因となる。通常、口腔内には数百種の細菌が存在し、それらがバイオフィルム(BF)を形成することで恒常性が保たれている。こうした中で、緑膿菌が病原性を発揮するためには、常在菌を抑え、口腔で優占化する必要があるが、その機構について
Posted On 20 10月 2014