P23-1 : 海洋性硫黄酸化細菌を契機とする津波堆積物細菌叢の好気環境下での変化

猪原 英之1,堀 知行2,高崎 みつる3,片山 葉子1 1東京農工大学 農学府, 2産業技術総合研究所 環境管理部門, 3石巻専修大学 理工学部, , <背景>東日本大震災により大量の海洋堆積物が打ち上げられ,解放系沿岸域での堆積物の蓄積が明らかとなり,沿岸環境の保全のためにも有機物の分解促進が重要であることが再認識された。本研究では,効率的な分解が期待される好気環境下において,堆積物の細菌叢がどのように変化するかを,次世代シークエンサーを用いて解析するとともに,堆積物の化学的性状の変化を調べた。 <方法>宮城県東松島市の津波堆積物から嫌気層を採取し,嫌気的にプラ
Posted On 20 10月 2014

P23-2 : 6つの異なる海域の海底堆積物表層での窒素循環に関わる微生物の分布と化学環境の比較

平井 美穂1,布浦 拓郎1,Juliarni –1,野牧 秀隆1,西澤 学1,菅 寿美1,田角 栄二1,宮崎 淳一1,眞壁 明子2,木庭 啓介2 1JAMSTEC, 2東京農工大, 3, ,  我々は、小笠原海溝底の堆積物表層における無機窒素循環に関わる主要な微生物機能の分布を明らかにするため、分子生態解析、地球化学解析を行い、以下の点を明らかにした(Nunoura et al. 2013)。 ・アンモニア酸化菌群ではアーキアが優占し、また、亜硝酸酸化菌群ではNitrospinaが優占する。 ・間隙水のNO3–には、堆積物中での硝
Posted On 20 10月 2014

P23-3 : 微好気条件でのみ硝酸還元・亜酸化窒素生成(N2O)を行う新規海洋細菌

竹内 美緒1,山岸 昂夫1,鎌形 洋一1,大島 健志朗2,服部 正平2,片山 泰樹1,花田 智3,玉木 秀幸1,丸茂 克美3,前田 広人4 1産総研, 2東京大学, 3富山大学, 鹿児島大学, 中央大学 亜酸化窒素(N2O)はオゾン層破壊や地球温暖化の原因であることから,その生成や消費に関与する微生物の同定と生態の解明は重要である。海洋においてしばしば観測される酸素極小層でのN2O濃度の極大には,硝化細菌が主に関与していると考えられている。一方で,一部のバクテリアは好気や微好気条件で脱窒し,N2O生成も報告されていることから,海洋の好気・微好気環境におけるN2O生
Posted On 20 10月 2014

P23-4 : アイソトポマー分析を利用したFusarium属糸状菌による根圏N2O発生の特定

森内 真人1,葛貫 桂一2,池西 史生1,板倉 学1,包 智華1,豊田 栄2,吉田 尚弘2,3,鮫島 玲子3,三井 久幸1,南澤 究1 1東北大学 生命科学研究科, 2東京工業大学 総合理工学研究科, 3東京工業大学 地球生命研究所, 静岡大学 農学研究科, 一酸化二窒素 (N2O) は現在大気中に約320 ppbで存在する強力な温室効果およびオゾン層破壊ガスであり、農耕地の中でも特にマメ科植物から多く発生していることが知られている。稲葉らの研究により、ダイズ根圏から発生するN2Oは根粒菌とその他土壌微生物との相互関係によって決まることが分かっている(Inaba
Posted On 20 10月 2014

P23-5 : 蓄電性バイオナノマテリアル生成因子の微生物生態学的解析

餅原 弘樹1,鈴木 渓3,細川 拓也1,久保田 博子1,由井 嵐士2,田代 陽介1,二又 裕之1 1静岡大学大学院 工学研究科, 2静岡大学 工学部, 3静岡大学大学院 自然科学系教育学部, , 硫酸還元細菌を含む微生物複合培養物によって生成された新規物質(BNM)は蓄放電能力を有しており、二次電池としての利用が期待される。しかしBNMの生成機構ならびに高効率な蓄放電能力の要因は明らかでなく、更なる蓄放電能力向上のためにその機構解明が必須であるため、BNM生成機構の理解を目的とした。 硫酸還元細菌を含む微生物群をKH2PO4、MgSO4、CaCl2、NH4Cl、N
Posted On 20 10月 2014

P23-6 : 微生物により生成されるミネラル様物質の同定

由井 嵐士1,久保田 博子2,餅原 弘樹2,鈴木 渓2,細川 拓也2,田代 陽介2,小暮 敏博3,二又 裕之2 1静岡大学 工学部 物質工学科, 2静岡大学大学院 工学研究科, 3東京大学大学院 理学部系研究所, , 微生物は我々の想像を超えた物質の生成および物質循環に関わっている。我々の研究において、一時的に高密度の電流生成を発揮した微生物燃料電池(MFC)の負極溶液から微生物群を取得し培養したところ、黒色のミネラル様物質を生成した。大変興味深いことに、本物質はMFCの発電効率を増加させ、且つ、蓄電能を有していた。そこで本研究では、物質科学的に本物質が何かを明ら
Posted On 20 10月 2014

P23-11 : 宮崎県鵜戸湾に於ける栄養塩・有機物の分布と微生物叢の解析

早﨑 有紀1,坂本 和貴1,田岡 洋介1 1宮崎大学 農学部 海洋生物環境学科, 2, 3, , 宮崎県日南市の沿岸海域は地場産業としてイセエビなどの水産資源が豊富にある。このような水産資源を持続的に利用するには、周辺海域の環境状況の把握が重要であるが、当該地域における水質や底質、その物質循環に介在する微生物群集に関する知見は殆ど無いのが現状である。そこで本研究では、水質・底質の分布に関連する基礎的知見を得るため、日南市に位置する鵜戸湾の栄養塩・有機物の分布調査を実施した。鵜戸湾全体並びに鵜戸港内に定点を設け、2013年12月に調査を実施した。採水器を用いて、表層
Posted On 20 10月 2014

P23-12 : 嫌気性共発酵による廃グリセリンと下水汚泥の資源化

倉橋 健介1,木村 知恵2,徳本 勇人2 1大阪府立大学工業高等専門学校 総合工学システム学科 環境物質化学コース, 2大阪府立大学大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 化学工学分野, 3, , 【背景と目的】廃グリセリンは天然油脂をバイオディーゼル燃料(BDF)に加工する際に副生するが、触媒である強アルカリを含むなどの問題から有効な用途がなく、その処理が問題となっている。一方、下水汚泥は下水道の普及などに伴って増加しているが、そのほとんどは化石燃料を用いて焼却、埋め立て処分されている。そこで本研究では、廃グリセリン中のアルカリによって下水汚泥を可溶化するとともに
Posted On 20 10月 2014

P23-13 : 牛ルーメン液を用いた古紙分解に関わる微生物群の解明

李 哲揆1,浅野 亮樹2,稲元 民夫2,馬場 保徳3,多田 千佳3,福田 康弘3,中井 裕3 1東京大学大学院農学生命科学研究科, 2秋田県立大学生物資源学部, 3東北大学大学院農学研究科, , (背景)  我々は東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクトの一環として、これまで未利用であった草本木質系バイオマスからの効率的なエネルギー生産を目指している。過去の研究から牛ルーメン液を用いて古紙の前処理を行うことにより、古紙が分解されその後のメタン発酵効率が上昇することが示された。この前処理系内では、有機酸の蓄積によりpHが著しく低下するなど、牛のルーメン内とは異な
Posted On 20 10月 2014

P23-7 : 嫌気土壌における硫酸還元菌によるフェニルヒ素化合物のチオ化

椎谷 郁花1,Guan Ling2,久富 志穂子1,中島 真美3,藤井 邦彦4,野中 昌法2,原田 直樹2 1新潟大学大学院自然科学研究科, 2新潟大学自然科学系, 3新潟大学農学部, 新潟大学環境安全推進室, ジフェニルアルシン酸(DPAA)は、遺棄化学兵器に多く含まれるCLARK IやCLARK IIの合成原料であるとともに、これらのフェニルヒ素化合物から環境中で容易に生成する代謝物でもある。DPAAの変換は嫌気条件下において、好気条件よりも早く進行することが明らかになっていることから、本研究では嫌気土壌においてDPAAの動態に関与する微生物を明らかにすること
Posted On 20 10月 2014
12