P21-11 : 日本沿岸の海底泥より分離されたε-プロテオバクテリアの硫黄酸化細菌

阿久津 祥吾1,寺原 猛2,今田 千秋2,羽部 浩3,布施 博之4 1芝浦工業大学大学院, 2東京海洋大学, 3産業技術総合研究所, 芝浦工業大学, ε-プロテオバクテリアの独立栄養の硫黄酸化細菌は、Sox系の代謝経路により硫黄化合物の酸化を行うことが報告されており、硫黄循環に深く関わっているとともに、一部の種においては電子受容体として硝酸イオンを利用することから窒素の循環にも関与している。近年、海底熱水噴出域からの分離株等を基に新種の報告がなされているが、沿岸海底泥よりの分離株に基づく種は、Sulfurimonas denitrificansのみ
Posted On 20 10月 2014

P21-22 : マナマコの腸内容物から単離した新規セルロース分解菌株 Scu-11のキャラクタリゼーション

岡田 翔太1,酒徳 昭宏1,田中 大祐1,中村 省吾1 1富山大学大学院 理工学教育部 生物圏環境科学専攻 生物圏機能Ⅲ講座, 2, 3, , 【目的】セルロース分解菌やその産生酵素は,バイオ燃料,食品,医薬品など様々な分野で利用されている。そこで,本研究では,海洋生物のマナマコ(Stichopus japonicus)の腸内容物から新たなセルロース分解菌を単離し,まずはそのキャラクタリゼーションを試みた。【方法】菌の培養には,人工海水を基本としたASW培地とMarine Broth培地を用いた。富山湾沿岸域で採取したマナマコの腸内容物を,濾紙粉砕物(セルロース)
Posted On 20 10月 2014

P21-1 : 生物ろ過槽由来のMn除去能を持つ微生物群集の集積培養

三好 萌栄子1,永牟田 寛信1,鈴木 市郎1,小泉 淳一1 1横浜国立大学大学院 工学府 【目的】Fe・Mnを含む地下水を微生物複合系を用いて浄化する「生物ろ過法」は低コスト・低環境負荷のFe・Mn除去技術であるが、その浄化機構はまだ解明されておらず、Fe・Mn酸化細菌の単離は報告されていない。生物ろ過槽の細菌群集構造を解析した結果、Mn酸化能が報告されているHyphomicrobium属をはじめC1化合物資化性細菌が多く存在した。本研究では生物ろ過槽よりMn2+の酸化、除去を行う微生物群集を集積培養し、その性質や組成を調べることを目的とした。 【材料・方法】京都
Posted On 20 10月 2014

P21-12 : Cu-MMOを有する新規海洋性エチレン資化性細菌

塩谷 達也1,寺原 猛2,今田 千秋2,羽部 浩3,布施 博之4 1芝浦工業大学大学院, 2東京海洋大学, 3産業技術総合研究所, 4芝浦工業大学 【背景・目的】初発酸化酵素のCopper-containing membrane monooxygenase (Cu-MMO)は、メタン酸化細菌とアンモニア酸化細菌に特有と考えられてきたが、近年、メタン以外の短鎖のアルカン・アルケンを資化する微生物もCu-MMOを有していることが知られてきている。しかしCu-MMOを有する非メタン炭化水素資化性細菌の分離報告は少なく、なかでもエチレンを資化する海洋性微生物の分離報告は4
Posted On 20 10月 2014

P21-3 : Fe・Mnを除去する生物ろ過槽のバイオフィルターに定着した細菌群集の構造

阪上 真一1,鈴木 市郎1,小泉 淳一1 1横浜国立大学大学院 工学府, 2, 3, , 【目的】生物ろ過法は、地下水中に生育するFe・Mn酸化細菌や硝化細菌などの微生物群集を活性炭などの多孔質の担体に定着させてこれをろ材(biofilter media; BFM)とし、原水をろ過することにより、Fe、Mnやアンモニア態窒素などを除去する。しかし、原水に存在する細菌群のうちどのような細菌がBFMに定着するかはわかっていなかった。そこで本研究では、次世代シーケンス(NGS)による細菌16S rRNA遺伝子アンプリコンの解析により、原水およびBFMの細菌群集構造の比較
Posted On 20 10月 2014

P21-14 : 大村湾中央部堆積物における緑色硫黄細菌の集積培養

山喜 邦次1 1長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科, 2, 3, ,     【目的】大村湾は閉鎖性の強い内湾であるため毎年夏季に海底付近で貧酸素化が進行し、硫酸還元菌の働きによって硫化水素が蓄積しやすい。特に水深20m程度の中央部海底には微弱ながらも日光がとどくため、海底と直上水の境界付近では硫化物を還元剤とする嫌気性光合成細菌が生息している可能性がある。実際にFujita and Zenitani(1975)が大村湾における緑色硫黄細菌の分布について報告しているが、分子系統学的多様性や生態学的機能ついては未解明である。そのため
Posted On 20 10月 2014

P21-4 : マルチプレックスリアルタイムRT-PCR法による天然海水・海底泥からの有害渦鞭毛藻感染性ウイルスHcRNAVの定量

中山 奈津子1,浜口 昌巳1 1(独)水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所, 2, 3, , 有害渦鞭毛藻ヘテロカプサによる赤潮の終息には、1本鎖RNAウイルス(HcRNAV)の感染が重要な影響を与えている可能性が示唆されており、演者らは、ウイルスの高い複製能や宿主特異性を利用した生物学的赤潮防除法として「HcRNAVを含む天然海底泥の利用」を検討中である。同法の最適化には、高精度かつ迅速なウイルス定量技術が不可欠であるが、従来法では、測定対象が一部の株特異的なHcRNAV数に限定されること、測定に1 週間以上を要するなどの問題があった。そこで、本ウイルスに
Posted On 20 10月 2014

P21-15 : 藻類産生有機物を基点とした湖沼微生物ループに関与する細菌群の季節変化

春日 郁朗1,木戸 佑樹1,栗栖 太1,古米 弘明1 1東京大学 大学院工学系研究科, 2, 3, , 湖沼における微生物ループは、溶存有機物を基点とする炭素フラックスの経路として重要である。しかし、微生物ループの構造については不明な点が多い。そこで本研究では、藻類産生有機物を同化する湖の細菌群をDNA安定同位体プローブ法(DNA-SIP)によって同定することを試みた。12C/13C-重炭酸を添加した無機培地でシアノバクテリアMicrocystis aeruginosa(NIES-843)を無菌的に培養し、培養液をろ過して溶存態の藻類産生有機物を調製した。2013
Posted On 20 10月 2014

P21-5 : 西部北太平洋亜寒帯・亜熱帯における細菌群集の時空間変動

金子 亮1,内宮 万里央,福田 秀樹1,鈴木 翔太郎1,小川 浩史1,永田 俊1,本多 牧生1,2,浜崎 恒二1 1東京大学 大気海洋研究所, 2JAMSTEC, 3, , 水塊構造や生態系の大きく異なる西部北太平洋の亜寒帯観測点K2と亜熱帯観測点S1における細菌群集の時空間的動態の解明を目的とし、GS FLX Titanium (Roche)を用いた16S rRNA遺伝子解析を行った。 2010-2011年に実施された海洋地球研究船「みらい」による西部北太平洋の時系列観測において、水深0, 300, 1000, 2000, 5000 mの5深度から海水を採取した
Posted On 20 10月 2014

P21-16 : 多摩川上流域における光合成細菌の系統的多様性と環境

広瀬 節子1,加藤 千鶴1,松浦 克美1,春田 伸1 1首都大学東京 大学院理工学研究科 生命科学専攻, 2, 3, , 河床には藻類を一次生産者とするバイオフィルムが発達している。これまでの研究で、東京都青梅市を流れる多摩川河床バイオフィルムには、好気性光合成細菌が多数種共存しており、中には新属新種と考えられるものも含まれていた。多様性と環境との関係を知るため、本研究ではさらに上流域で、日照や栄養塩流入量が異なると考えられる奥多摩町の河床を対象に、光合成細菌を分離・培養し、その系統を解析した。  2013年7月、河床の石を20m2にわたる範囲から採取し
Posted On 20 10月 2014