P21-23 : マイクロコズム生態系における最上位捕食者導入による攪乱と影響解析

村上 和仁1,林 秀明1,宮本 瞬也1,小浜 暁子2 1千葉工大・工, 2東北工大・工, 3, , 本研究では、バイオマニピュレーションにおける導入生物が既存の生態系に及ぼす影響に関する基礎的知見の集積を目的として、Gnotobiotic型マイクロコズムを用いた構成微生物群の個体数変動とP/R比に着目して、食性の異なる食物連鎖の最上位に位置する生物種の導入を行い、トップダウン効果が生態系に及ぼす影響を解析検討した。その結果、凝集体摂食者であるA. hemprichiを導入した場合、1倍量では生産者である緑藻類、藍藻類の減少はみられなかったが、10倍量においては添加
Posted On 20 10月 2014

P21-2 : Fe・Mnを除去する生物ろ過槽における細菌群集構造の次世代シーケンス解析による比較

迫田 真士1,鈴木 市郎1,小泉 淳一1 1横浜国立大学大学院 工学府, 2, 3, , 【目的】生物ろ過法は、地下水中に生育するFe酸化細菌(FeOB)、Fe・Mn酸化細菌 (MnOB)を含む微生物群集を活性炭などの担体に定着させこれをろ材(biofilter media; BFM)としてろ過しFe・Mnを除去する手法である。浄化に関与すると言われているGallionella等のFeOB、Leptothrix等のMnOBの多くは純粋培養が困難であり、これらの細菌の存在は確認できていなかった。本研究では、実稼働中の2か所の上水処理場の生物ろ過槽の細菌群集構造を次世
Posted On 20 10月 2014

P21-13 : Chemosynthetic production and trophic structure of deep-sea hydrothermal ecosystem

山本 啓之1,Lindsay Dhugal1,土屋 正史1,砂村 倫成2,山中 寿朗3 1海洋研究開発機構, 2東京大学, 3岡山大学 Marine ecosystem acquires primary products through photosynthesis in the euphotic zone and chemosynthesis in the deeper zones. Hydrothermal systems is a powerful primary production site, usually dominated by chemolith
Posted On 20 10月 2014

P21-24 : BrdU-FACS法を用いた冬期淡水湖におけるN-acetyl-glucosamine添加に増殖応答する細菌群の動態解析

多田 雄哉1,Grossart Hans-Peter2 1北大・地球環境, 2Leibniz-Institute of Freshwater Ecology and Inland Fisheries (IGB), Germany, 3, , 【目的】水圏生態系において、活発に増殖している細菌群(増殖細菌群)の動態は、溶存態有機物(DOM)の質および量の変動と密接に関連している。本研究では、ブロモデオキシウリジン(BrdU)免疫化学染色とセルソーター(FACS)を組み合わせた手法(BrdU-FACS法)を開発し、冬期淡水湖における増殖細菌群の特定、および湖沼生態系に
Posted On 20 10月 2014

P21-9 : 富栄養淡水湖底泥における活性のあるメタン生成古細菌群集の多様性

坪井 隼,山村 茂樹,高津 文人,今井 章雄,岩崎 一弘 1国立環境研究所地域環境研究センター, 2, 3, , 【背景】   日本の多くの湖沼は人間活動に伴う栄養塩の流入により富栄養化が進行している。富栄養化は湖内の一次生産を増加させ、底泥における有機物負荷の上昇及び貧酸素化の原因となる。こうした条件では、嫌気的な微生物プロセスが卓越する。メタンは地球上で重要な温室効果ガスの一つであり、温室効果全体の約20%に寄与していると推定されている。湖沼底泥はメタン生成のホットスポットである。特に、メタンは嫌気性微生物である古細菌の特定のグループによって生産され
Posted On 20 10月 2014

P21-20 : スナモグリが優占する砂質干潟における細菌群集構造と代謝機能の時空間変動

和田 実1,浦川 達行1,玉置 昭夫1 1長崎大学 水産・環境科学総合研究科, 2, 3, , 【目的】熊本県天草郡の富岡湾砂質干潟にはハルマンスナモグリNihonotrypaea harmandi(以下、スナモグリ)が優占している。本研究は富岡湾干潟においてスナモグリが細菌群集構造と代謝機能に及ぼす影響の解明を目指した。   【方法】2011年7月から2013年8月まで富岡湾干潟においてスナモグリの巣穴部、非巣穴部、を含む堆積物を採取し、真正細菌のrITS断片長多型解析(ARISA)と16SrRNAクローン解析を行うとともに、全細菌数および全有機炭素量
Posted On 20 10月 2014

P21-10 : 海洋性メタン菌による硫化メチルからのメタン生成

四方 麻妃1,寺原 猛3,今田 千秋3,羽部 浩4,布施 博之2 1芝浦工業大学大学院, 2芝浦工業大学, 3東京海洋大学, 産業技術総合研究所, 【目的】硫化メチル(DMS)は悪臭物質であり、硫黄循環や気候変動への影響などで環境中において重要な物質である。DMSを生育基質とするメタン生成菌はとしては、Methanolobus 属やMethanosarcina 属等の菌が分離されているが、その分解に関する遺伝子については推定が行われているものの、確定されておらず、海洋中におけるDMS分解への寄与についても明らかになっていない。本研究は、メタン生成菌におけるDMSの
Posted On 20 10月 2014

P21-21 : 南ベトナムのトビハゼ養殖池における高い微生物現存量と酸素消費がもたらす夜間の無酸素化

和田 実1,森 郁晃1,岩滝 光儀2,高橋 和也3,横内 一樹1,八木 光晴1,田北 徹1,Mai Van Hieu4,Vo Thanh Toan4,Ha Phuoc Hung 4 1長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科, 2東京大学アジア生物資源環境研究センター, 3山形大学理学部, Can Tho University, Faculty of Fisheries, 【目的】ハゼ科魚類の一種,Pseudoapocryptes elongatusの養殖はベトナムのメコンデルタで近年急速に広がりつつある。P. elongatusは空気呼吸できるため,高密度養殖も無
Posted On 20 10月 2014

P21-11 : 日本沿岸の海底泥より分離されたε-プロテオバクテリアの硫黄酸化細菌

阿久津 祥吾1,寺原 猛2,今田 千秋2,羽部 浩3,布施 博之4 1芝浦工業大学大学院, 2東京海洋大学, 3産業技術総合研究所, 芝浦工業大学, ε-プロテオバクテリアの独立栄養の硫黄酸化細菌は、Sox系の代謝経路により硫黄化合物の酸化を行うことが報告されており、硫黄循環に深く関わっているとともに、一部の種においては電子受容体として硝酸イオンを利用することから窒素の循環にも関与している。近年、海底熱水噴出域からの分離株等を基に新種の報告がなされているが、沿岸海底泥よりの分離株に基づく種は、Sulfurimonas denitrificansのみ
Posted On 20 10月 2014

P21-22 : マナマコの腸内容物から単離した新規セルロース分解菌株 Scu-11のキャラクタリゼーション

岡田 翔太1,酒徳 昭宏1,田中 大祐1,中村 省吾1 1富山大学大学院 理工学教育部 生物圏環境科学専攻 生物圏機能Ⅲ講座, 2, 3, , 【目的】セルロース分解菌やその産生酵素は,バイオ燃料,食品,医薬品など様々な分野で利用されている。そこで,本研究では,海洋生物のマナマコ(Stichopus japonicus)の腸内容物から新たなセルロース分解菌を単離し,まずはそのキャラクタリゼーションを試みた。【方法】菌の培養には,人工海水を基本としたASW培地とMarine Broth培地を用いた。富山湾沿岸域で採取したマナマコの腸内容物を,濾紙粉砕物(セルロース)
Posted On 20 10月 2014