P19-13 : プラスチック由来の低分子化合物を分解する菌の研究

中野 翔悟1,小川 直人1,釜谷 保志1,道祖土 勝彦2 1静大院・農, 2産総研 海洋には多くの海ゴミが漂流しており、その海ゴミの多くをプラスチックが占める。このプラスチック類やこれらに由来する低分子が海洋環境を汚染することが、世界規模の環境問題として懸念されている。とくに海ゴミ中で大きな存在割合を占める発泡スチロールの主成分である高分子のポリスチレンについては、生じるスチレンダイマー(以下、SDとする)等の低分子の毒性や除去の方法に関する知見はほとんど存在しない。そのため本研究ではSDを分解する菌株を海水から分離しその解析を行う。分離源には、静岡県静岡市大谷海
Posted On 20 10月 2014

P19-23 : 耐塩性糸状菌を用いた環境浄化に関する研究(8)-海洋環境から単離した糸状菌を用いた人工海水培地における染料脱色-

向山 夏女1 1東京海洋大院・海洋科学・食品流通 染料は様々な分野で広く利用されており、染料を扱う工場からは多種類、大量の廃水が排出され問題となっている。当研究室で海洋環境から単離したPestalotiopsis sp.SN-3(以下SN-3菌)がKirk培地において多種類の合成染料を脱色できることがこれまでの研究により明らかにされている。本研究では、SN-3菌を用いた海洋環境下における染料脱色を目的とし、人工海水培地を用いて合成染料を効率的に脱色することを目的とした。 Kirk培地で脱色がみられた6種の合成染料(アゾ染料:Food Red 2、Reactive
Posted On 20 10月 2014

P19-02 : 効率的脱塩素化を可能とする嫌気的酢酸酸化細菌の分離

岸本 亮太1,田代 陽介2,二又 裕之2 1静大・工・物質工, 2静大院・工 トリクロロエテン(TCE)等の塩素化エテン類は、土壌・地下水汚染の代表的な難分解性汚染物質である。これらの汚染浄化には既にDehalococcoidesを利用したバイオレメディエーションが実施されているが、cis-1,2-ジクロロエテン(cDCE)やビニルクロライド(VC)で反応が停止する事や、メタン生成アーキアとの水素を巡る競合阻害等の問題がある。本研究では、効率的脱塩素化を可能とする微生物群集の特性を種間水素伝達系の視点から明らかにする事を目的とした。 汽水湖底泥を接種源、クエン酸を
Posted On 20 10月 2014

P19-10 : 低温環境下でのA重油分解菌の挙動と分解能の評価

櫻井 琢磨1,杉山 賢吾1,岩間 映月2,新谷 政己1,金原 和秀1 1静大院・工・化学バイオ, 2静大・工・物質工 油汚染環境の浄化手法として,微生物を利用したバイオレメディエーションは,これまでに広く研究されている.しかし多くの場合,温度条件が25-30℃に設定されており,必ずしも汚染環境の実情を反映していない.そこで本研究では,油分解菌を用いて,低温環境下におけるA重油の分解能の評価を行った. 油分解菌Rhodococcus erythropolis A株を,1/3LB液体培地を5 mL入れた試験管に植菌し,30℃,120 rpmで48 h培養したものを前培
Posted On 20 10月 2014

P19-21 : 土壌微生物の特性を利用した放射性セシウムの濃縮・回収技術の開発

野本 健太1,村田 森応1,古田 雅一1,岸田 正夫2,武藤 明徳1,徳本 勇人1 1大阪府立大院・工, 2大阪府立大院・生命環境科学 【背景と目的】2011年の福島第一原発事故で9.0×1017 Bqもの放射性物質が環境中に放出された。高濃度汚染地域では汚染土壌を削り取ることで除染が行われている。しかし、削り取った大量の汚染土壌を貯蔵する場所の不足やコストの高さが問題となり、低濃度汚染地域において除染が進んでいない。そこで本研究では、137Csの吸収に優れた土壌微生物を探索し、137Cs吸収能力の高い微生物を増殖させる技術を構築することで、低濃度汚染地域における
Posted On 20 10月 2014

P19-11 : ベトナム土壌からのダイオキシン分解菌の探索と解析

竹本 裕史1,飯田 健義1,TRAN VU NGOC THI2,福田 洸平2,新谷 政己1,2,金原 和秀1,2 1静大院・工・化学バイオ, 2静大・創造科技院 ベトナムの土壌や地下水は、ベトナム戦争時に散布されたダイオキシン類を含む枯葉剤によって現在も汚染されている。このような広範囲の汚染土壌を浄化するには、従来の掘削除去では莫大なコストを要するため現実的ではない。そこで当研究室では、微生物の多様な代謝機能と進化機構を利用した、低コストな新規浄化技術を開発するため、ベトナムと共同研究を行っている。本研究では、まずベトナム土壌からダイオキシン類の分解菌を探索・単離
Posted On 20 10月 2014

P19-22 : 微生物を用いたセシウムの回収法の検討

村田 森応1 1大阪府立大院・工 微生物を用いたセシウムの回収法の検討 村田 森応、野本 健太、野村 俊之、徳本 勇人、岸田 正夫、古田 雅一 大阪府立大学大学院 工学研究科、生命環境科学研究科 【背景と目的】2011年に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により大量の放射性核種が環境中に放出された。大量かつ広範囲に放出された放射性核種は複数あるが、中でも137Csはその半減期の長さから今後も影響が懸念されている。高濃度汚染地域では吸着剤や表土の剥ぎ取り等の手法が用いられる。これらの手法はコストや物理的制約に難点があり廃棄物の減量も求められている。しかし13
Posted On 20 10月 2014

P19-01 : バイオナノマテリアルを用いた微生物燃料電池の効率化

鈴木 渓1,餅原 弘樹2,細川 拓也2,久保田 博子2,由井 嵐士3,田代 陽介2,二又 裕之2 1静大院・自然科学系教育部, 2静大院・工, 3静大・工 微生物燃料電池(Microbial Fuel Cell : MFC)は次世代型のエネルギー生産システムとして着目されているが発電量が極めて低く実用化には至っておらず、発電力の大幅な向上が求められている。本研究では空気正極型MFCを構築し、高電流生産が確認された時(2.2±0.8 A m-2)、微生物を負電極上から単離し嫌気的液体培養を実施した。その結果、培地中に黒色の沈殿物が確認された。この微生物によって生じた
Posted On 20 10月 2014

P19-12 : メタン生成ベンゼン分解集積培養系におけるトルエン,フェノール,安息香酸の分解微生物

野口 愛1,栗栖 太2,春日 郁朗3,古米 弘明2 1金沢大・理工・自然システム学, 2東大院・工・附属水環境制御研究セ, 3東大院・工・都市工 メタン生成条件におけるベンゼン分解では未だ分解微生物の純粋分離例はなく,集積培養系による分解に留まっている.ベンゼン分解集積培養系における他の単環芳香族化合物の分解も報告されているが,これがベンゼン分解微生物によるものであるかは明らかにされていない.本研究では約4年間ベンゼンを唯一の炭素源として集積したメタン生成ベンゼン分解培養系を対象とし,ベンゼン,およびトルエン,フェノール,安息香酸の分解微生物を安定同位体プローブ(
Posted On 20 10月 2014

P19-03 : Rhodococcus jostii RHA1によるcis-1,2-ジクロロエチレンの分解に関わる酵素遺伝子の解析

千野 佳奈子1 1長岡技科大院・工 【目的】塩素化エチレン類は土壌・地下水汚染の主な原因物質の1つで、微生物を用いたバイオオーグメンテーションに期待がもたれている。我々は、ビフェニル(BPH)分解菌のRhodococcus jostii RHA1がビフェニル、エチルベンゼン等で同時に誘導されるBphAおよびEtbAの2種類のジオキシゲナーゼによりトリクロロエチレン(TCE)を分解すること、TCEでも両オキシゲナーゼが誘導されることをすでに明らかにした。本研究ではRHA1株のcis-1,2-ジクロロエチレン(cisDCE)分解能と分解酵素遺伝子について解析した。 【
Posted On 20 10月 2014