P19-13 : プラスチック由来の低分子化合物を分解する菌の研究

中野 翔悟1,小川 直人1,釜谷 保志1,道祖土 勝彦2 1静大院・農, 2産総研 海洋には多くの海ゴミが漂流しており、その海ゴミの多くをプラスチックが占める。このプラスチック類やこれらに由来する低分子が海洋環境を汚染することが、世界規模の環境問題として懸念されている。とくに海ゴミ中で大きな存在割合を占める発泡スチロールの主成分である高分子のポリスチレンについては、生じるスチレンダイマー(以下、SDとする)等の低分子の毒性や除去の方法に関する知見はほとんど存在しない。そのため本研究ではSDを分解する菌株を海水から分離しその解析を行う。分離源には、静岡県静岡市大谷海
Posted On 20 10月 2014

P19-23 : 耐塩性糸状菌を用いた環境浄化に関する研究(8)-海洋環境から単離した糸状菌を用いた人工海水培地における染料脱色-

向山 夏女1 1東京海洋大院・海洋科学・食品流通 染料は様々な分野で広く利用されており、染料を扱う工場からは多種類、大量の廃水が排出され問題となっている。当研究室で海洋環境から単離したPestalotiopsis sp.SN-3(以下SN-3菌)がKirk培地において多種類の合成染料を脱色できることがこれまでの研究により明らかにされている。本研究では、SN-3菌を用いた海洋環境下における染料脱色を目的とし、人工海水培地を用いて合成染料を効率的に脱色することを目的とした。 Kirk培地で脱色がみられた6種の合成染料(アゾ染料:Food Red 2、Reactive
Posted On 20 10月 2014

P19-02 : 効率的脱塩素化を可能とする嫌気的酢酸酸化細菌の分離

岸本 亮太1,田代 陽介2,二又 裕之2 1静大・工・物質工, 2静大院・工 トリクロロエテン(TCE)等の塩素化エテン類は、土壌・地下水汚染の代表的な難分解性汚染物質である。これらの汚染浄化には既にDehalococcoidesを利用したバイオレメディエーションが実施されているが、cis-1,2-ジクロロエテン(cDCE)やビニルクロライド(VC)で反応が停止する事や、メタン生成アーキアとの水素を巡る競合阻害等の問題がある。本研究では、効率的脱塩素化を可能とする微生物群集の特性を種間水素伝達系の視点から明らかにする事を目的とした。 汽水湖底泥を接種源、クエン酸を
Posted On 20 10月 2014

P19-05 : Biokinetic analysis of 1,2-DCA dechlorination by Geobacter sp. AY harboring a plasmid pAY30 coding 1,2-DCA reductive dehalogenase

Binti Abdullah Ummi Afifah 1,Asahi Kiyotoshi2,Hirose Yuu3,Katayama Arata4,Kioka Wataru1,Yoshida Naoko5 1Dept. Civil Eng. Sys. Manag., Nagoya Inst. Technol., 2Environ. Sci. Inst. Nagoya city, 3Electronics-Inspired Interdisciplinary Res. Inst., 4Toyohashi Tech, EcoTopia Sci. Inst., Nago
Posted On 20 10月 2014

P19-16 : クラスター化した代謝酵素遺伝子群の導入による有機塩素系殺虫剤gamma-hexachlorocyclohexane資化能を有する新規細菌株の分子育種

荷川取 佑記1,宮崎 亮1,古屋 佑磨1,大畑 智史1,大坪 嘉行1,永田 裕二1,津田 雅孝1 1東北大院・生命科学・生態システム生命科学 我々は有機塩素系殺虫剤γ-hexachlorocyclohexane (γ-HCH)を分解資化するSphingobium japonicum UT26株のγ-HCH分解代謝系の全貌を解明し、代謝に関わる一連の遺伝子群 (lin genes)を同定した。本株においてγ-HCHはlinAからlinFの6つの遺伝子がコードする酵素によってβ-ketoadipateに変換されるが、これら遺伝子群はUT26株ゲノムに散在するとともに、
Posted On 20 10月 2014

P19-06 : Dehalococcoides sp. UCH007株を用いたバイオオーグメンテーションのための技術開発

内野 佳仁1,山副 敦司1,伊藤 雅子2,三浦 隆匡1,福田 雅夫3,鈴木 健一朗1,藤田 信之1,高畑 陽2 1NITE・NBRC, 2大成建設・技セ, 3長岡技科大 本研究では、国内で初めて純粋分離に成功したDehalococcoides属細菌 UCH007株を塩素化エチレン類汚染帯水層に導入するバイオオーグメンテーションの技術開発を行っている。Dehalococcoides属細菌は難培養微生物であり純粋培養で大量培養することが難しかったため、UCH007株の増殖を促進させる微生物株(UCH001株またはUCH003株)との混合培養による培養方法を検討してきた
Posted On 20 10月 2014

P19-17 : 難分解性難燃剤分解菌のアルカリホスファターゼの同定と特徴解析

片沼 拓士1,阿部 勝正1,高橋 祥司1,解良 芳夫1 1長岡技科大院・工 難燃剤として用いられてきたTris(2-chloroethyl) phosphate (TCEP) などの含塩素有機リン酸トリエステル類の環境汚染による生態系への悪影響が懸念されている.我々は,TCEP分解能を有するSphingobium  sp. TCM1株を見出し,その初発分解を担うハロアルキル有機リン酸加水分解酵素(HAD)を単離した.TCEPの分解代謝経路にはHADの他にジエステラーゼ,モノエステラーゼが関与し,これら酵素による分解が律速となっていると考えられた.そこで本研究では,
Posted On 20 10月 2014

P19-07 : 蓄電性バイオナノマテリアル生成複合微生物系の解析

久保田 博子1,鈴木 渓1,千葉 悠介1,餅原 弘樹1,細川 拓也1,2,由井 嵐士2,田代 陽介1,二又 裕之1 1静大院・工, 2静大・工 低炭素循環型社会の構築は重要な社会的課題であり、有機性廃棄物の処理およびクリーンエネルギーの生産が求められる。微生物燃料電池(MFC)の負極バイオフィルムを接種源とした複合微生物系において、黒色の物質が生成された。本物質をMFCに添加したところ初期発電効率の大幅な向上が確認され、蓄電能を有することも示された。そこで本研究では、本物質の生成機構を理解する一環として、この複合微生物系の解析を実施した。 まず、本物質の生成過程と
Posted On 20 10月 2014

P19-18 : エストロゲン分解菌の探索とウキクサ共生浄化の試み

川畑 亜美1,森本 洋輔,三輪 京子2,森川 正章3 1北大・理・生物科学, 2北大・地球環境科学院・生物圏科学, 3北大・地球環境科学院・生物圏科学 研究の背景 エストロゲン類には排水あるいは環境基準は設けられていないが、河川に混入した場合魚介類のメス化や雌雄同体化を引き起こすことが報告されている。またエストロゲン類は活性汚泥処理において分解の難しい物質の一つとされている。当研究室では従来の活性汚泥法を補完する水処理技術として水生植物と根圏微生物の共生系を活用した植生浄化技術基盤の構築を目指している。本研究では、ウキクサ根圏と活性汚泥からエストロゲン分解菌を取得
Posted On 20 10月 2014

P19-08 : 塩害土壌におけるファイトレメディエーションに植物生育促進細菌を接種した影響

森 龍章,豊田 剛己1 1農工大院・BASE ファイトレメディエーションは他の土壌洗浄法に比べてローコストであり、広範囲の汚染物質の除去が可能であるメリットがあるが、除去能はバイオマスや生育速度に頼る点がデメリットとしてあげられる。本研究では窒素固定菌(NFB)を接種した植物体を用い、津波による塩害土壌におけるファイトレメディエーションへの影響を調査した。植物試料としてソルガム(つちたろう:TT、グリーンソルゴー:GS)を用いた。①NFBの単離:2品種のソルガムの種及び福島県塩害土壌から、希釈平板法(NaCl濃度1.0%無窒素培地)で細菌株の単離を行い、半流動培地
Posted On 20 10月 2014