PI-149:

緑色糸状性光合成細菌Chloroflexus aggregansのシステインに依存した独立栄養生育

合志 真衣, 松浦 克美, 春田 伸 首都大 院・生命 光合成細菌Chloroflexus aggregansは酸素非発生型の光合成細菌で、温泉環境中で多種の細菌と微生物集合体(バイオマット)を形成している。本菌はゲノム内に炭酸固定の遺伝子(3-hydroxypropionate pathway)を持っているが、単独で培養した際の独立栄養生育は確認されていない。当研究室の先行研究でバイオマット中に共存する酢酸を産生する発酵細菌と共培養させたところ、C. aggregansの独立栄養生育を確認した。発酵細菌のみで培養させたところ、共培養系では見られなかった酢酸の蓄積
Posted On 06 10月 2015

PI-128:

Transcriptome analysis of Microcystis aeruginosa during Ma-LMM01 infection

Morimoto, Daichi1, Honda, Takashi1, Sako, Yoshihiko1, Yoshida, Takashi1 1Kyoto univ. agri. 【Introduction】The cyanobacterium Microcystis aeruginosa is a toxic, bloom-forming bacterium in eutrophic freshwaters throughout the world. A member of myoviridae, Ma-LMM01 can infect only a stra
Posted On 06 10月 2015

PI-139 (JTK):

Expression analysis of multiple alkane hydroxylases in Acinetobacter oleivorans DR1

Park, Chulwoo1, Park, Woojun1 1Department of Ecological Engineering, Korea Univ, Seoul, Korea Genomic analyses has shown the presence of multiple alkane-hydroxylase system in diesel-degrading Acinetobacter oleivorans DR1. DR1 cells could grow on medium- and long-chain alkanes (C12-C30
Posted On 06 10月 2015

PI-150:

Anammox活性に対する20物質(重金属,キレート剤,アミン類,有機溶媒)の影響II. 〜実験データの動力学モデルへの回帰とKi値の推定〜

針ヶ谷 優生1, 中村 知喬1, 黒岩 恵1, 木村 裕哉2, 井坂 和一2, 諏訪 裕一1 1中央大・院理工, 2日立製作所 【目的】 我々は,新たに確立した小スケール回分試験系を用いて, 20種の物質(7重金属,4有機溶媒,5アミン類,および4キレート剤)がCa. Brocadia sp.の集積培養系のanammox活性に及ぼす影響を定量的に解析した。その結果,15種類の物質は活性を阻害し,各物質の濃度と相対活性の関係には,閾値が存在する場合(4物質)と,阻害物の濃度の上昇につれて見かけ上直線的あるいは指数的に活性が減少する場合(11物質)があった。ここでは,
Posted On 06 10月 2015

PI-129:

Random Mutation Enhances Degradation of Benzaldehyde by Rhodococcus jostii RHA1

Yang , Hong-Mao1, Chen , Hao-Ping2, Lin , Guang-Huey3 1Master Program in Microbiology & Immunology, Tzu-Chi University, 2Department of Biochemistry School of Medicine Tzu Chi University, 3Microbial Genetics laboratory, Department of Microbiology, TCU Benzaldehyde is aromatic comp
Posted On 06 10月 2015

PI-140:

Physiological characterization of Nitrosomonas mobilis-like strain isolated from autotrophic nitrifying granule

Soe, Myat Thandar1, Norisuke, Ushiki1, Hirotsugu, Fujitani1, Satoshi, Tsuneda1 1Department of Life Science and Medical Bioscience, Waseda Uni, Nitrification is an important step in biological wastewater treatment system. In bioreactors, nitrifying granules are produced to improve nitr
Posted On 06 10月 2015

PI-151:

Anammox活性に対する20物質(重金属,キレート剤,アミン類,有機溶媒)の影響I. 〜小スケール回分試験による短期的阻害の定量と比較〜

中村 知喬1, 針ヶ谷 優生1, 黒岩 恵1, 木村 裕哉2, 井坂 和一2, 諏訪 裕一1 1中央大・院理工, 2日立製作所 【はじめに】 嫌気性アンモニア酸化(anammox)活性に対する化学物質による阻害は,おもに,模擬リアクターによる排水処理効率への影響として検討されてきた。この方法では,多数の物質について系統的なデータを取得し,比較することが困難である。これを解消するため,本研究では小スケール回分試験系を確立し,20種の物質(7重金属,4有機溶媒,5アミン類,および4キレート剤)がanammoxに及ぼす影響を同一条件で定量的に比較検討した。 【方法】 重
Posted On 06 10月 2015

PI-130:

Ecological significance of chlorophyll f within a microbial mat

Ohkubo, Satoshi1,2, Miyashita, Hideaki2,3 1Saitama Univ. Sci. Eng., 2Kyoto Univ. Human. Environ., 3Kyoto Univ. Global Environ. Chlorophyll (Chl) f is a recently discovered photosynthetic pigment, which absorbs far-red (FR) light (700-750 nm). Various species of Chl f-producing cyanoba
Posted On 06 10月 2015

PI-141:

Physiological responses of Actinobacteria to water stress during fed-batch composting as determined by cultural, trasncriptomic, and proteomic analyses

Narihiro, Takashi1,2, Kanosue, Yuji1, Hiraishi, Akira1,3 1Dept. Ecol. Eng., Toyohashi Univ. Technol., 2Bioproduction Res. Inst., AIST, 3Dept. Envron. Life Sci., Toyohashi Univ. Technol. Our previous study has shown that microorganisms in fed-batch composting (FBC) processes under stea
Posted On 06 10月 2015

PI-152:

紅色光合成細菌の増殖の定常期における熱ストレス耐性の低下

松浦 克美2, 大西 美波1, 菅野 菜々子2, 春田 伸2 1首都大・生命, 2首都大院・生命 細菌培養時の定常期の細胞は、増殖期に比べて様々なストレスに対する耐性が上昇すると一般的に言われている。このようなストレス耐性上昇は増殖に不利な環境で細胞集団全体を生き残らせる戦略と考えられている。紅色光合成細菌Rhodopseudomonas palustrisは紅色光合成細菌の中でも土壌や水田などに広く分布する細菌である。当研究室は、本細菌は栄養源飢餓条件下での生残力が他の光合成細菌に比べて高いことを報告している。しかし定常期におけるストレス耐性についてはよくわかっ
Posted On 06 10月 2015