P25-7 : 水生植物-微生物共生系を構成する新規植物成長促進根圏微生物

牧野 彩花1,玉木 秀幸1,遠山 忠2,田中 靖浩2,森 一博2,池 道彦4,森川 正章3,鎌形 洋一1 1産総研・生物プロセス研究部門, 2山梨大・院医学工学総合研究部, 3北海道大・院地球環境科学, 大阪大・院工, 【目的】近年、陸生植物と同様に水生植物にもその成長を促進する根圏微生物(PGPR:Plant Growth Promoting Rhizobacteria)が発見された。しかしながら、水生植物のPGPRは1種しか報告がなく、水生植物と根圏微生物の共生系に関する知見は非常に少ない。そこで、本研究では、水生植物のPGPRを広範に探索し、その植物成長促進
Posted On 20 10月 2014

P25-8 : 根コロニー形成に関わる走化性の「個性」 -植物有益細菌と植物病原菌の比較から-

奥 正太1,緋田 安希子1,Tunchai Mattana1,三谷 公美惠1,末松 真樹子1,田島 誉久1,中島田 豊1,加藤 純一1 1広島大・院先端物質科学・分子生命機能科学, 2, 3, , 【目的】走化性とは、化合物の濃度勾配を感知して誘引または忌避応答を示す行動である。運動性をもつ土壌細菌は、植物根滲出液などを目標にした走化性により根圏へと接近し、植物根にコロニーを形成すると考えられている。そのため、植物-微生物相互作用において走化性は重要である。しかし、多様な土壌細菌において根コロニー形成に関わる走化性機構が同一であるか不明である。本研究では、植物有益
Posted On 20 10月 2014

P25-1 : 共生系への合成生物学的アプローチ

西田 暁史1,鮎川 翔太朗2,山村 雅幸1 1東京工業大・総合理工学・知能システム科学, 2東京工業大・情報生命, 3, ,  微生物の多くは種間相互作用により、互いの個体群動態に影響を及ぼし合いながら共生系を形成している。共生系は自然界のいたるところで見受けられ、その個体群動態が複雑な挙動を示すだけでなく、進化にも影響を及ぼすことから、生物学の様々な分野で重要なテーマとなっている。  共生系研究のアプローチとしては、「自然界に実在する共生系を探し出す」、「生物実験で相互作用の因子を解明する」、「共生系を数理モデルで表現しシミュレーションや解析
Posted On 20 10月 2014

P25-2 : 複数の培地を用いたテンサイ細根からの共生細菌の分離

岡崎 和之,高橋 宙之,田口 和憲,黒田 洋輔,上田 重文,池田 成志 1農研機構・北海道農業研究センター, 2, 3, , 【背景・目的】テンサイに生育促進効果を有する細菌の取得を目的に、テンサイ共生細菌の網羅的な分離を行っている。広範囲な種の細菌を分離するため、4種類の培地を使用して分離を行い、各培地で分離される細菌群(ライブラリー)の多様性、系統学的分類構成について比較検討した。【方法】2012年7月17日、北海道農業研究センター芽室研究拠点で栽培したテンサイ(品種「リッカ」)から健全な3株を抜き取り、十分に洗浄後、細根を採取した。細根を乳鉢で軽く磨り潰した
Posted On 20 10月 2014

P25-34 : トリミエマ原虫共生体のゲノムならびに宿主トランスクリプトーム解析

新里 尚也1,齋藤 星耕1,青山 洋昭1,長濱 秀樹1,砂川 春樹3,鎌形 洋一2 1琉球大・熱帯生物圏研究センター, 2産総研・北海道センター, 3(株)琉球産経, , 嫌気性繊毛虫の一種であるトリミエマ・コンプレッサムは、メタン生成アーキアとTC1と呼ばれるFirmicutesに属する真正細菌の2つの共生体を細胞内に保持していることが知られている。メタン生成アーキアはトリミエマ原虫のヒドロゲノソームから生じる水素をメタン化していることが推定されているが、TC1については、トリミエマ原虫の活発な増殖に必須であることが抗生物質を用いた実験で示されているものの、共生
Posted On 20 10月 2014

P25-9 : 青枯病菌Ralstonia solanacearumの植物感染に重要な走化性物質の探索

緋田 安希子1,奥 正太1,田島 誉久1,中島田 豊1,加藤 純一1 1広島大・院先端物質科学・分子生命機能科学, 2, 3, , 【目的】青枯病菌Ralstonia solanacearumは土壌伝染性植物病原菌である。青枯病菌の植物感染には走化性が関与すると報告されている。青枯病菌は根滲出液成分に誘引され感染に至ると考えられるが、いずれの物質が感染に重要であるかは未だ不明である。そこで本研究では、青枯病菌の植物感染に重要な走化性物質の探索を試みた。 【方法・結果】青枯病菌の植物関連物質に対する走化性を測定したところ、根滲出液主要成分とされるアミノ酸、L-リンゴ
Posted On 20 10月 2014

P25-14 : クロストリジウム属細菌が産生するメンブランベシクルは宿主細胞と相互作用する

永山 恭子1,尾花 望2,中尾 龍馬3,泉福 英信3,中村 幸治2,野村 暢彦2 1筑波大・生物資源, 2筑波大・院生命環境, 3国立感染研・細菌第一, , 多くの微生物は10~300 nmのメンブランベシクル(MV)を生産し、分泌する。MVは核酸やタンパク質などを含有することから、遺伝子の水平伝播や毒素等の輸送に関与していることが示唆されている。MVはグラム陰性細菌でその生産が多く報告されている一方、外膜が存在しないグラム陽性菌における報告は少ない。グラム陽性偏性嫌気性細菌であるウェルシュ菌(Clostridium perfringens)は土壌などの自然環境中
Posted On 20 10月 2014

P25-15 : AMF共生シクラメンにおけるHeat Stress及び炭疽病の交差防御と抗酸化機能変動並びにプロテオーム解析

松原 陽一1,渡邉 悟2,鷹見 直美3 1岐阜大・応用生物, 2岐阜大・院応用生物, 3 (有) 泉農園, , シクラメンでは夏期養成期に生育不良を伴う高温障害や病害が発生し、主要産地では夏越えが課題となっている。本研究では、2タイプのHeat Stressに対するAMF(arbuscular mycorrhizal fungus)共生シクラメンの生育反応、炭疽病耐性及び抗酸化機能変動を調査するとともに、Heat Stress及び病害応答性タンパク質のプロテオーム解析を行った。SHS(Shock Heat Stress:35℃恒温)・GHS  (Grad
Posted On 20 10月 2014

P25-16 : 植物由来Pseudomonas属細菌による抗菌物質2,4-ジアセチルフロログルシノール生産機構の解析

横塚 隆宏1,奈良 和樹1,染谷 信孝2,池田 宰1,諸星 知広1 1宇都宮大・院工・物質環境化学, 2農研機構・本部, 3, , ある種のPseudomonas属細菌は、抗菌物質である2,4-ジアセチルフロログルシノール(DAPG)を生産する。DAPGは植物病原性真菌に対して増殖阻害効果を示すが、Fusarium属真菌の菌体外代謝物であるフザリン酸によってDAPG生産が阻害される。本研究では、フザリン酸によりDAPG生産阻害を受けるPseudomonas属細菌の系統解析を行うとともに、フザリン酸によるDAPG生産阻害機構の解析を行った。様々な植物より単離したDA
Posted On 20 10月 2014

P25-17 : 子実体起源Pleosporales sp.およびMortierella sp.に内生するバクテリアについて

中西 布実子1,高島 勇介2,太田 寛行1,成澤 才彦1 1茨城大・農, 2東京農工大・院連合農学, 3, , 近年、菌類に内生するバクテリアが宿主菌類の形態や植物への病原性に関与していることが報告されている。このような内生バクテリア-菌類-植物間の相互関係に関する知見を得ることは、微生物の農業利用において重要である。そこで本研究では、内生バクテリア-菌類-植物間相互作用の解明のため、子実体や植物から分離した菌類における内生バクテリアの検出を試みた。茨城県内で採集した植物根部および外生菌根種の子実体から菌類を分離した接合菌類1菌株、子嚢菌類32菌株、担子菌類14菌
Posted On 20 10月 2014