PA-001 (JTK):

The dynamics of bacterial diazotrophic communities within the corals Acropora tenuis and Pocillopora verrucosa in Okinawa shallow reef, Japan

Lewaru, Muhammad Wahyudin1,2, Ito, Michihiro2,3, Maruyama, Toru 1,2, Ojimi, Michiko C.2,4, Mori, Tetsushi1,2, Nakano, Yoshikatsu2,5, Suda, Shoichiro2,4, Takeyama, Haruko1,2,3 1Dept. of Life Sci. & Med. Biosci., Waseda Univ., 2CREST, JST, 3Res. Org. for Nano & Life Innovation
Posted On 06 10月 2015

PA-009 (JTK):

The diversity of endophytic fungi from coastal plants in Taiwan

Yeh, Yu-Hung, Kirschner, Roland Department of Life Sciences, National Central University, Taiwan Certain endophytic fungi assist their host plants to overcome stress. Since coastal vegetation is adapted to particular abiotic stress factors, endophytic fungi may play an important role
Posted On 06 10月 2015

PA-017 (JTK):

自然淡水環境からの亜硝酸還元能を持つ紅色光合成細菌の分離と多様性

堀口 航平, 松浦 克美, 春田 伸 首都大・院・理工 【背景・目的】紅色光合成細菌は水圏や土壌環境に広く分布し嫌気条件で光従属栄養的に生育する。これまで排水処理施設や家畜汚水路などの人工的な富栄養化環境から脱窒能を持つ紅色光合成細菌が分離されてきた。脱窒能を持つ紅色光合成細菌は自然環境からの分離例が少なく、その性質や分布が明らかになってない。当研究室では既に貧栄養の淡水湖沼から脱窒能を持つ紅色光合成細菌が3株分離され、これらの株はいずれも脱窒基質として硝酸を使うことができず、亜硝酸のみを利用することが分かっている。本研究では比較的貧栄養の淡水環境から亜硝酸のみを
Posted On 06 10月 2015

PD-061 (JTK):

嫌気性アンモニウム酸化細菌のnirS遺伝子の機能解析

小林 駿1, 押木 守1, 蝶名林 郁也2, 荒木 信夫1, 吉田 圭太郎3, 豊福 雅典3 1長岡工業高等専門学校, 2長岡技術科学大学, 3筑波大学 背景および目的:嫌気性アンモニウム酸化(anammox)反応ではアンモニウムが嫌気的に窒素ガスまで酸化され、亜硝酸が電子受容体として用いられる。このanammox反応は以下3種の酵素反応で進行すると考えられており、亜硝酸還元反応が初発反応である; 1) 亜硝酸還元反応、2) ヒドラジン合成反応、3)ヒドラジン酸化反応。亜硝酸還元反応において、チトクロムcd1含有型亜硝酸還元酵素NirSの関与が示唆されているものの
Posted On 06 10月 2015

PF-076 (JTK):

Elucidation of trophic difference by fatty acid analysis of bivalve lipids

saito, hiroaki Ishikawa Prefectural University The lipids and fatty acids of two coastal clams, Meretrix lamarckii and Ruditapes philippinarum, and a seep clam, Mesolinga soliditesta, were examined to assess their lipid physiology and trophic relationship with their diets. The major p
Posted On 06 10月 2015