O25-03 : 国際宇宙ステーション「きぼう」における細菌群集構造

一條 知昭1,稗田 はつき1,馬場 貴志1,2,山口 進康1,那須 正夫1 1阪大院・薬, 2鳥取大・農 【目的】微生物は我々の健康と密接に関わっている。微小重力下では免疫能が低下し、一部の細菌のビルレンスが高くなるという報告もあり、地上以上に微生物汚染に対する注意が必要である。そこで当研究室では宇宙航空研究開発機構(JAXA)と協力し、2009年から国際宇宙ステーション「きぼう」における細菌モニタリングを進めている。本発表では、「きぼう」運用開始直後から3年間における細菌群集構造の変化について報告する。 【方法】「きぼう」内の被検面として、細胞培養装置の表面およ
Posted On 20 10月 2014

O25-02 : 未培養KSB3門細菌のゲノム再構成と機能推定

関口 勇地1,大橋 明子1,Donovan Parks2,山内 敏弘3,Tyson Gene2,Hugenholtz Philip2 1産総合・バイオメディカル, 2Australian Centre for Ecogenomics, Univ. Queensland, 3クボタ化水 メタン回収型嫌気性廃水処理プロセスを構成する複合微生物群の多くは未培養であり、その機能は未知なまま残されている。未培養細菌門(KSB3門)に属する糸状性細菌が嫌気性廃水処理プロセスにおいて深刻なバルキングを引き起こすことが報告されているが、本微生物群の培養は困難でありその機能の多くは
Posted On 20 10月 2014

O25-01 : 黄砂飛来にともなう生活環境の大気中の細菌群集の変動

朴 鐘旭1,山口 進康1,一條 知昭1,那須 正夫1 1阪大院・薬・衛生 【目的】黄砂とともに飛来する微生物による健康および環境への影響について、社会的な関心が高まっている。この影響を評価するためには、ヒトの生活環境を対象とした研究が重要である。従来の研究の多くは、黄砂飛来時期の短期間を対象として評価を行っていたため、平常時における細菌群集の変動に関する情報が十分ではなかった。そこで、本研究では黄砂飛来時期に加えて、年を通してモニタリングを行い、生活環境の大気中の細菌群集の変動を明らかにし、黄砂飛来による大気中の細菌群集への影響を評価した。 【方法】生活環境におけ
Posted On 20 10月 2014