PN-221:

Detection of uncultured Legionella spp. in cooling tower water samples by amoebic coculturing and quantitative PCR

Inoue, Hiroaki1,2, Agata, Kunio1, Ohta, Hiroyuki2 1Tsukuba Research Laboratories, Aquas Corporation, 2Ibaraki University College of Agriculture Legionella spp., the causal agent of Legionnaires’ disease, are found widely in aquatic environments and their growth and survival in artific
Posted On 06 10月 2015

PN-222 (JTK):

Verification of commercial animal probiotics from Korea using barcoded pyrosequencing

Lee, Hyo Jung1, Jeong, Sang Eun1, Jeon, Che Ok1 1Department of Life Science, Chung-Ang University, Seoul, Korea Recently the use of antibiotics for animal as growth promoters was prohibited, therefore, a wide variety of probiotics for animal feeding have been developed and marketed. H
Posted On 06 10月 2015

PN-223 (JTK):

Two Aspergillus species from soil environment associated with otitis in the same patient in Taiwan

Kirschner, Roland1, Sun, Pei-Lun2, Huang, Shir-Ly1, Chen, Chien-Lung4, Yang, Chih-Ping5 1Department of Life Sciences, National Central University, Taiwan, 2College of Medicine, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan, 3Department of Life Sciences, National Central University, Taiwan, 4
Posted On 06 10月 2015

PN-224 (JTK):

Transcriptome Analysis of Agromyces luteolus with Zearalenone-Removal Activity

Jung, Yong-Hoon1, Joo, Hae Jin1, Khan, Raees1, Hwang, Eul Chul1, Lee, Jungkwan1, Lee, Seon-Woo1 1Dong-A Univ, Busan 604-714, Republic of Korea. Zearalenone (ZEA) is a mycotoxin produced by Fusarium spp. and occurs in several cereals. ZEA contaminated cereals is a major threat for food
Posted On 06 10月 2015

PN-225:

黄砂飛来にともなう真菌群集構造およびAlternaria alternata現存量の変動

山口 進康, 林 俊明, 朴 鐘旭, 一條 知昭, 那須 正夫 阪大院・薬 【目的】日本には毎年約400万トンの黄砂が飛来すると推測されており、これまでに当研究室では、黄砂とともに微生物が長距離移動していることを明らかにしている。しかし、飛来する微生物が下流域のヒトの健康に与える影響について、その詳細は不明である。真菌は、ヒトへの病原性を示すもの、アレルゲンとなりうるものが多数知られており、そのモニタリングは重要である。そこで、黄砂の飛来による生活環境の大気中の真菌群集構造およびAlternaria alternata現存量の変動を明らかにした。 【方法】2013
Posted On 06 10月 2015

PN-226:

土壌におけるMycobacterium属菌の群集構造

一條 知昭1, 鍵村 直樹1, 菅田 真理2, 山口 進康1, 那須 正夫1 1阪大院・薬, 2阪大・薬, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 【目的】肺非結核性抗酸菌症の患者数は1990年代以降、先進国を中心に世界中で増加している。起因菌である非結核性抗酸菌は、結核菌群およびらい菌を除くMycobacterium属菌の総称であり、自然環境中に広く分布している。身の回りの水環境や土壌環境で生じたエアロゾルが感染の媒介となっていると考えられているが、未だ感染源、感染経路は明らかとなっていない。予防のためには非結核性抗酸菌の環境内動態の解明が必要不可欠であ
Posted On 06 10月 2015