P14-12 : 部分循環湖堆積物に由来する新規硫酸還元細菌Pf12B株の特徴付け

渡邊 美穂1,小島 久弥1,福井 学 1北大・低温科学研 Deltaproteobacteria綱Desulfovibrio目には、現在までに4科14属の細菌が分類され、その多くは硫酸還元細菌である。この目の細菌は多様な自然環境中に生息し、嫌気環境における硫黄や炭素の循環に大きく寄与していることが示唆されている。本研究の目的は、Desulfovibrio目に属する新規硫酸還元細菌Pf12B株の系統的・生理生化学的特徴付けを行うことである。Pf12B株は、部分循環湖の堆積物を接種源とする硫酸還元条件下の集積培養系から得られた。菌株の純化作業はアガーシェイク法を用いて
Posted On 20 10月 2014

P14-02 : 454シーケンスによる真核ピコ植物プランクトン群集構造解析における試料保存法の有効性

片岡 剛文1,山口 晴代1,桑田 晃2,河地 正伸1 1国環研, 2水産総合研究セ・東北区水産研 真核性海産藻類の中で細胞サイズが3µm以下のピコ植物プランクトンは、生物量及び生物学的多様性が高く、物質循環等、海洋生態系において重要な構成要素である。しかし、微小な細胞や難培養性種が多く、培養法や顕微鏡による群集解析は困難である。ピコ植物プランクトンの機能や役割を理解する為には、メタゲノム解析による網羅的な群集解析は有効な手段となり得るが、一部の真核性ピコ植物プランクトンの細胞は脆く、現場の群集構造が急速に変化するため、試料の保存方法に改善の余地がある。本研究では、
Posted On 20 10月 2014

P14-03 : ナタマメ根粒から分離された細菌株のDNA-DNA交雑法とMALDI-TOF/MSによる類別

増田 航1,畠中 雄佑2,岡崎 伸3,上村 桂一4,齋藤 明広2 1静岡理工大・院・理工, 2静岡理工大・理工, 3東京農工大・院・農, 中東遠総合医療セ 【目的】ナタマメ(Canavalia gradiata)は福神漬、健康茶、歯磨粉の原料として用いられるマメ科植物であるが、その根粒菌の研究例は殆どない。我々は、ナタマメ根粒から55株の細菌株を分離し、16S rRNA遺伝子(16S rDNA)の塩基配列を決定した。その結果、27株はBradyrhizobium elkaniiと99%以上、6株はRhizobium tropiciと99%以上、4株はR. trop
Posted On 20 10月 2014
12