P14-09 : Bacteroidales目に属する鉄腐食細菌およびその関連細菌の分離

飯野 隆夫1,森 浩二2,伊藤 隆1,工藤 卓二1,鈴木 健一朗2,大熊 盛也1 1理研BRC-JCM, 2NITE 石油備蓄基地施設などで問題視される金属腐食において、急速な腐食の進行や局所的な腐食現象が確認されることから、微生物腐食の関与が疑われている。一般的に、硫酸塩還元菌が主な原因菌と考えられているが、我々はBacteroidales目に属する硝酸塩還元菌MIC1-1株が鉄腐食を引き起こすことを見い出した。Bacteroidales目の細菌による鉄腐食の事例は過去にない一方、分離株数が少なく本目内の鉄腐食菌の分布は不明である。本研究では原油や干潟土壌からB
Posted On 20 10月 2014

P14-10 : 難培養性アンモニア酸化細菌Nitrosomonas mobilisの分離培養と生理学的性質の解明

熊谷 麻美1,籾内 研吾1,藤谷 拓嗣1,常田 聡1 1早大・院・先進理工 【背景・目的】アンモニア酸化細菌(AOB)は、Betaproteobacteria綱またはGammaproteobacteria綱に属する化学合成無機独立栄養細菌であり、様々な環境中に広く生息している。中でも、Nitrosomonas mobilis系統は過去に分離培養されたものの、継代培養と保存の難しさから純菌株として現存せず、その性質は不明なままである。そこで本研究では、排水処理槽由来の硝化グラニュールからNitrosomonas mobilis系統の純菌株を獲得し、生理学的性質の解明
Posted On 20 10月 2014

P14-03 : ナタマメ根粒から分離された細菌株のDNA-DNA交雑法とMALDI-TOF/MSによる類別

増田 航1,畠中 雄佑2,岡崎 伸3,上村 桂一4,齋藤 明広2 1静岡理工大・院・理工, 2静岡理工大・理工, 3東京農工大・院・農, 中東遠総合医療セ 【目的】ナタマメ(Canavalia gradiata)は福神漬、健康茶、歯磨粉の原料として用いられるマメ科植物であるが、その根粒菌の研究例は殆どない。我々は、ナタマメ根粒から55株の細菌株を分離し、16S rRNA遺伝子(16S rDNA)の塩基配列を決定した。その結果、27株はBradyrhizobium elkaniiと99%以上、6株はRhizobium tropiciと99%以上、4株はR. trop
Posted On 20 10月 2014
12