PA-003:

High abundance of heterotrophic nanoflagellates in the oxic-anoxic interface of meromictic Lake Suigetsu, Japan

Mukherjee, Indranil1, Okamura, Takahiko2, Nakano, Shin-ichi1, Kondo, Ryuji4 1Center for Ecological Research, Kyoto University, 2Graduate School of Biosci. and Biotech., Fukui Pref. Univ., 3Center for Ecological Research, Kyoto University, 4Department of Marine Bioscience, Fukui Prefec
Posted On 06 10月 2015

PB-035:

非常に低い濃度のNH4+(36 _ 150 _M)を含む培地による好気性アンモニア酸化微生物(AOM)のMPN計数

堺 奎介1, 石川 裕士1, 黒岩 恵1, 磯部 一夫2, 諏訪 裕一1 1中央大学理工学部, 2東京大学大学院農学生命科学研究科 【目的】 環境中では,oligotrophicなアンモニア酸化微生物(AOM)が重要であると考えられており,アンモニア酸化古細菌(AOA)もそうである。これまで,1 mMレベルより低いNH4+を含む培地での計数および分離例はほとんどないが,これは,技術的な困難を伴うためと考えられる。本研究では,36 _ 150 _MのNH4+を含む培地を用いて,土壌中のAOMをMPN計数し,問題点と,その解決策を示す。【方法】 Suwaら(1994)
Posted On 06 10月 2015

PE-067 (JTK):

Cr(Ⅲ) Oxidation potential of manganese biooxides by Mn-oxidizing bacteria

Chiu, Juei-Yu1, Chiu, Pin-Tzu1, Chiu, Chuen-Huey1, Kuo, Wen-Chien1 1National Pingtung University of Science and Technology Manganese(IV) oxides produced through microbial activity, Mn biooxides, are believed to be the most abundant and highly reactive Mn oxide phases in the environmen
Posted On 06 10月 2015

PG-099:

湖堆積物および森林土壌からのoligotrophicなNitrosospira sp.の純粋分離

石川 裕士1, 磯部 一夫2, 浅野 智之1, 福原 康平1, 黒岩 恵1, 諏訪 裕一1 1中央大学理工学部, 2東京大学大学院農学生命科学研究科 【目的】 近年,自然環境でのアンモニア酸化におけるアンモニア古細菌(AOA)の貢献度の高さが注目され,AOAの純粋分離も相次いでいる。ただし,AOAが硝化の唯一の担い手ではなく,アンモニア酸化細菌(AOB)の役割も重要である。環境中では,oligotrophicなAOBが重要であると考えられているが,これをより深く研究するための純粋分離株が十分に存在し,維持されているとはいい難い。本研究では,堆積物および土壌を対象に
Posted On 06 10月 2015

PI-131:

Molecular mechanisms for sensing and responding to electrode potentials in Shewanella oneidensis MR-1

Hirose, Atsumi1, Kouzuma, Atsushi1, Watanabe, Kazuya1 1Tokyo Univ. Pharm. Life Sci. Shewanella oneidensis MR-1 has been studied as a model organism to elucidate how microbes generate electricity in bioelectrochemical systems (BESs). Previous studies have shown that potentials of worki
Posted On 06 10月 2015

PJ-163:

Molecular genetic analysis of Bradyrhizobium elkanii mutants with altered symbiotic compatibility with Vigna radiata

Nguyen Phuoc, Hien1, Omar, Faruque 1, Miwa, Hiroki1, Okazaki, Shin1 1Tokyo University of Agriculture and Technology The interaction between rhizobia and leguminous plants results in the formation of root nodules. In nodules, rhizobia fix atmospheric dinitrogen into ammonia, which is u
Posted On 06 10月 2015

PK-195:

毛髪に付着する細菌のプロファイリングを利用した個人の異同識別

西 英二1,2, 田代 幸寛1, 酒井 謙二1 1九大院・生資環, 2大分県警・科捜研 【目的】  毛髪試料は,犯罪現場から採取される機会が多い試料の1つである。しかし,毛髪試料からのDNA型検出率は低く,実際の犯罪捜査には十分に有効活用できていない。そこで,鑑定困難な毛髪に付着する細菌叢と容疑者から採取した毛髪の細菌叢のプロファイリングを比較することにより,容疑者の絞り込みが可能かどうかについて検討した。 【方法】   被験者16名から採取した頭毛をサンプルとし,最初の採取から3か月後及び6か月後まで追跡調査を行い,頭毛細菌叢の変動を検討した。また,一部の毛髪は
Posted On 06 10月 2015

PO-227 (JTK):

Biodegradation of tetrabromobisphenol-A in sludge-amended soil and microbial community change

Yang, Chu-Wen1, Chen, Wei-Zhi1, Chang, Bea-Ven 1 1Department of Microbiology, Soochow University, Taipei, Taiwan, ROC Tetrabromobisphenol A (TBBPA) is a flame retardant used as an additive during the manufacturing of plastic polymers and electronic circuit boards. This study investiga
Posted On 06 10月 2015

PA-014:

Structure, plasticity and robustness of microbiome in the colonies of a reef coral Acropora tenuis

ITO, Michihiro 1,2, OKADA, Naoko 1,2, MARUYAMA, Toru 2,3, SHINZATO, Chuya2,4, ZAYASU, Yuna4, FUJIMURA, Hiroyuki 2,5, NAKANO, Yoshikatsu 2,6, SUDA, Shoichiro 2,5, TAKEYAMA, Haruko 1,2,3 1Res. Org. for Nano & Life Innovation, Waseda Univ., 2CREST, JST, 3Dept. of Life Sci. & Me
Posted On 06 10月 2015

PC-046:

腸内代謝産物から観るリグノセルロース分解機構のシロアリ種間比較

木原 久美子1,2,3, 中西 裕美子4,5, 杉本 昌弘4, 本郷 裕一3, 福田 真嗣4, 守屋 繁春2 1熊本高等専門学校・生物化学システム工, 2理化学研究所・CSRS, 3東京工業大学・院生命理工, 4慶應義塾大学・先端研, 5理化学研究所・IMS  森林生態系でシロアリは、枯死木材を分解する代表的な生物として知られている。枯死木材は、樹種・腐朽・乾燥などの違いによって、木材を構成するリグノセルロースの状態も異なっている。この多様な状態の木材を、シロアリの全ての種が好んで分解するわけではなく、シロアリの種ごとに、食餌として利用する枯死木材には選択性がある
Posted On 06 10月 2015