PI-153:

ファージディスプレイ法によるプログラム細胞死誘導物質の探索

大田 悠里1, 宮本 龍樹1, 横田 亜紀子2, 佐々木 章2, 常田 聡1, 野田 尚宏1,2 1早大院・生命医科, 2産総研・バイオメディカル 【目的】プログラム細胞死は多細胞生物の発生や恒常性維持のために不可欠な生体機構であり、微生物においても個のみならず、集団維持のための制御機構としての役割が明らかになりつつある。微生物においてプログラム細胞死に関与している機構の一つとしてToxin-Antitoxin system (TA system) が知られている。TA systemは毒性タンパクであるToxinと抗毒性タンパクであるAntitoxinからなり、通
Posted On 06 10月 2015

PI-132:

Operational taxonomic units (OTUs)-based analysis of swine gut microbiota in response to the treatment with tylosin, an antibiotic growth promoter (AGP)

Kim, Jungman1, Guevarra, Robin B. 1, Nguyen, Son G.1, Unno, Tatsuya1 1Jeju National University, Jeju-si, Jeju-do, Republic of Korea Antibiotics have been used extensively as growth promoters (AGPs) in food animal production. However, the use of AGPs in animal feeds was banned in devel
Posted On 06 10月 2015

PI-143:

Growth-promoting, dormancy and awakening of previously uncultured microorganisms Nitrospira

MURAKAMI, Chiho1, KINDAICHI, Tomonori1, OHASHI, Akiyoshi1, AOI, Yoshiteru2 1Hiroshima Univ. eng., 2Hiroshima Univ. ISSD It is well known that the majority of environmental microorganisms resist from cultivation, especially in pure culture. Although this phenomenon is an essentially im
Posted On 06 10月 2015

PI-154 (JTK):

炭素飢餓および光照射条件は紅色光合成細菌Rhodopseudomonas palustrisの浸透圧ストレス抵抗性を上昇させる

新井 沙和, 菅野 菜々子, 松浦 克美, 春田 伸 首都大学東京大学院理工学研究科生命科学専攻 炭素源の枯渇によって飢餓状態になると、高温や高浸透圧、酸などのストレスに対する抵抗性が上昇することが、病原細菌や土壌細菌で報告されている。このような飢餓によるストレス抵抗性の上昇は、自然環境中で微生物が生残性を維持するのに重要な機構のひとつだと考えられる。我々はこれまでの研究で、光合成細菌が炭素源飢餓条件でも光照射があれば、長期間、高い生存率を維持することを報告しており、光エネルギーが飢餓生残に有効であることを示している1)。本研究では、土壌や水圏に広く分布する紅色光
Posted On 06 10月 2015

PI-133:

Ammonium acetate increases the production of butanol by Clostridium beijerinckii cultures growing in sweet sorghum juice

Uehara, Kent1, Akiyama, Manami 1, Kanemoto, Miho1, Nishizawa, Tomoyasu1, Chohnan, Shigeru1, Nitta, Youji1, Kurusu, Yasurou1, Ohta, Hiroyuki1 1Ibaraki univ. agri. A sustainable biofuel production needs cheaper feedstock and improved fermentation performance. Regarding the feedstock, sw
Posted On 06 10月 2015

PI-144 (JTK):

Identification of genes involved in the catabolism and stress response to octylphenol polyethoxylates (Triton X-100) in Pseudomonas nitroreducens TX1 by transposon mutagenesis

Tsai, Po-Chun1, Tuan, Nguyen Ngoc1, Yeh, Chen-Wei1, Huang, Shir-Ly1, Lee, Kyoung2 1Dept. Life Sci., Natl. Central Univ., Taiwan, 2Dept. Bio Health Sci., Natl. Changwon Univ., Korea Octylphenol polyethoxylates (OPEOn, Triton X-100) and nonylphenol polyethoxylates (NPEOn, Triton N-101)
Posted On 06 10月 2015

PI-155:

亜酸化窒素還元細菌をターゲットとする集積培養装置から単離されたDechloromonas sp.Azospira sp.の亜酸化窒素還元活性

末永 俊和1, 堀 知行2, 中川 洋佑1, 利谷 翔平1, 細見 正明1, 寺田 昭彦1 1東京農工大学大学院 工学府, 2産業技術総合研究所 N2OをN2に還元する経路は脱窒反応の最終段階であるN2O還元反応のみと言われており、この反応を担うN2O還元細菌を利用したN2O放出抑制技術への応用が期待される。本研究では高活性なN2O還元細菌の獲得を目指し、集積培養装置(Gas-Permeable Membrane Device (GPMD))を開発し、活性汚泥に生息するN2O還元細菌の集積、単離を試みた。GPMDは中空糸ガス透過膜が内封されておりN2Oをバブルレス
Posted On 06 10月 2015

PI-134:

Effect of nanobubbles on growth and respiration of cyanobacteria

Yoshina, Koichi1, Koike, Hiroyuki1, Kamimura, Shinji1, Ohmori, Masayuki1 1Dept. of Biological Sciences, Chuo Univ. Nanobubbles that have diameters smaller than one micrometer are expected to be applied for many different field of biotechnology. We could generate very small air-nanobub
Posted On 06 10月 2015

PI-145:

網羅的遺伝子発現解析を用いた増殖に伴う大腸菌の比重多様性の解明

佐々木 謙1,2, 水野 敬文2, 関口 勇地2, 青柳 秀紀1, 野田 尚宏2 1筑波大院・生命環境, 2産総研・バイオメディカル  対数増殖期の細菌は、培地中の栄養源の枯渇や分泌物質の蓄積といった生育環境の変化を理由に定常期へと移行する。その移行の際には、細胞の小型化、細胞の球形化、核様体の凝集、細胞壁組成の変化などが起こることが一般的に知られているが、大腸菌では比重の多様性が変化することも知られている。既往の研究で、対数増殖期と定常期の大腸菌(単一株)培養液をPercoll密度勾配遠心したところ、各増殖期において比重が明確に異なる複数の細胞集団が生じることが
Posted On 06 10月 2015

PI-135 (JTK):

In situ cultivation technique allows recovery of native bacterial types competitive in their extreme cold environment of northern Greenland

Jung , Dawoon1, Epstein, Slava2, Aoi , Yoshiteru 1,2 1Hiroshima Univ. ISSD., 2Northeastern Univ. Biol. The vast majority of microorganisms do not grow under standard laboratory conditions. On the other hand, it has been shown that in situ cultivation techniques improved the result of
Posted On 06 10月 2015