O32-01 : 舞鶴湾海底堆積物から分離したメロン香産生酵母の分子系統解析

壽谷 尭俊1 1京大・院・農 真菌はセルラーゼやペニシリンの生産者として産業利用されているTrichoderma属及びPenicillium属や、アルコール発酵を行うSaccharomyces属など様々な有用微生物を含んでいる。現在真菌は約8万種が知られているが、実際は150万種以上存在するとも言われており、性状未知な種が多く存在する。海洋環境は陸上に比べ水圧や塩濃度など、様々な環境要因が存在する事から、多様な種が存在する可能性があるが、海洋に生息する真菌の多様性はあまり調べられてこなかった。これらの事より本研究では、海洋環境からの新奇真菌類の探索を目的とした。京
Posted On 20 10月 2014

O32-02 : 16S rRNAを指標としたバクテリオーム解析による生物脱臭に適した完熟堆肥の評価

北村 里香1,石井 一夫2,前田 勇3,古崎 利則2,岩渕 和則4,斉藤 高弘3 1東京農工大・院・農, 2東京農工大・農学系ゲノム科学人材育成プログラム, 3宇都宮大・農, 北大・院・農, 生物脱臭技術は堆肥化時悪臭の除去などで使用されており、特に悪臭として濃度が高いアンモニアの脱臭媒体として堆肥に焦点を当てた。堆肥化中は悪臭を分解する微生物も存在している可能性もあり、熟成した堆肥もまたそれを受け継いでいると考えられる。本研究では材料の異なる堆肥,残飯堆肥2種類および牛糞堆肥2種類に存在する細菌叢を、16S rRNAをターゲットに次世代シーケンサーを使用し、網羅
Posted On 20 10月 2014