P19-05 : Biokinetic analysis of 1,2-DCA dechlorination by Geobacter sp. AY harboring a plasmid pAY30 coding 1,2-DCA reductive dehalogenase

Binti Abdullah Ummi Afifah 1,Asahi Kiyotoshi2,Hirose Yuu3,Katayama Arata4,Kioka Wataru1,Yoshida Naoko5 1Dept. Civil Eng. Sys. Manag., Nagoya Inst. Technol., 2Environ. Sci. Inst. Nagoya city, 3Electronics-Inspired Interdisciplinary Res. Inst., 4Toyohashi Tech, EcoTopia Sci. Inst., Nago
Posted On 20 10月 2014

P19-16 : クラスター化した代謝酵素遺伝子群の導入による有機塩素系殺虫剤gamma-hexachlorocyclohexane資化能を有する新規細菌株の分子育種

荷川取 佑記1,宮崎 亮1,古屋 佑磨1,大畑 智史1,大坪 嘉行1,永田 裕二1,津田 雅孝1 1東北大院・生命科学・生態システム生命科学 我々は有機塩素系殺虫剤γ-hexachlorocyclohexane (γ-HCH)を分解資化するSphingobium japonicum UT26株のγ-HCH分解代謝系の全貌を解明し、代謝に関わる一連の遺伝子群 (lin genes)を同定した。本株においてγ-HCHはlinAからlinFの6つの遺伝子がコードする酵素によってβ-ketoadipateに変換されるが、これら遺伝子群はUT26株ゲノムに散在するとともに、
Posted On 20 10月 2014

P19-06 : Dehalococcoides sp. UCH007株を用いたバイオオーグメンテーションのための技術開発

内野 佳仁1,山副 敦司1,伊藤 雅子2,三浦 隆匡1,福田 雅夫3,鈴木 健一朗1,藤田 信之1,高畑 陽2 1NITE・NBRC, 2大成建設・技セ, 3長岡技科大 本研究では、国内で初めて純粋分離に成功したDehalococcoides属細菌 UCH007株を塩素化エチレン類汚染帯水層に導入するバイオオーグメンテーションの技術開発を行っている。Dehalococcoides属細菌は難培養微生物であり純粋培養で大量培養することが難しかったため、UCH007株の増殖を促進させる微生物株(UCH001株またはUCH003株)との混合培養による培養方法を検討してきた
Posted On 20 10月 2014