PI-145:

網羅的遺伝子発現解析を用いた増殖に伴う大腸菌の比重多様性の解明

佐々木 謙1,2, 水野 敬文2, 関口 勇地2, 青柳 秀紀1, 野田 尚宏2 1筑波大院・生命環境, 2産総研・バイオメディカル  対数増殖期の細菌は、培地中の栄養源の枯渇や分泌物質の蓄積といった生育環境の変化を理由に定常期へと移行する。その移行の際には、細胞の小型化、細胞の球形化、核様体の凝集、細胞壁組成の変化などが起こることが一般的に知られているが、大腸菌では比重の多様性が変化することも知られている。既往の研究で、対数増殖期と定常期の大腸菌(単一株)培養液をPercoll密度勾配遠心したところ、各増殖期において比重が明確に異なる複数の細胞集団が生じることが
Posted On 06 10月 2015

PI-135 (JTK):

In situ cultivation technique allows recovery of native bacterial types competitive in their extreme cold environment of northern Greenland

Jung , Dawoon1, Epstein, Slava2, Aoi , Yoshiteru 1,2 1Hiroshima Univ. ISSD., 2Northeastern Univ. Biol. The vast majority of microorganisms do not grow under standard laboratory conditions. On the other hand, it has been shown that in situ cultivation techniques improved the result of
Posted On 06 10月 2015

PI-146:

異なるプラスミドが宿主に与えるコストの評価

片岡 大亮1, 道羅 英夫2, 鈴木 智大2, 金原 和秀1, 新谷 政己1 1静大院・総合科技・工, 2静大,グリーン研 【目的】プラスミドは種々の微生物間を接合伝達によって伝播可能な遺伝子の運び手であり,微生物の急速な進化・適応に寄与する.プラスミドがどのような微生物に,どの程度の頻度で伝播するのか,またその宿主にどの程度の負荷を与えるのかという情報は,微生物生態を理解する上で重要である.我々は,IncP-1群に属するプラスミドpBP136の伝播可能な宿主の種類や伝達頻度を比較してきた.その過程で同一の菌株Pseudomonas putida mt-2株に由来
Posted On 06 10月 2015

PI-136:

Effect of the Addition of Pantothenate and Its Precursors on Coenzyme A Content of Escherichia coli Expressing Exogeneous Pantothenate Kinase

Ogata, Yuta1, Chohnan, Shigeru2 1Tokyo Univ. of Agriculture and Technology, 2Ibaraki Univ. Coll. of Agriculture Background: Coenzyme A (CoA) plays a central role in carbon metabolism in vivo. Pantothenate kinase (CoaA) catalyzes the first committed step of the CoA biosynthetic pathway
Posted On 06 10月 2015

PI-147:

シングルセルレベルでのldhA発現のゆらぎと休止細菌形成の関連性

一色 理乃1, 河合 祐人1, 松本 慎也1, 常田 聡1 1早大院・先進理工, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 【目的】単一細菌種の集団中において、各細菌で増殖速度に不均一性がみられる。また、抗生物質は細菌の増殖を標的としているため、persister (休止細菌) と呼ばれる非増殖性の細菌はその作用から逃れることができる。休止細菌は、遺伝的な多様性ではなく表現型の変異により発生することが知られており、遺伝子発現解析が進められている。我々はこれまでに、大腸菌を用いて休止細菌を検出するマーカー株を作製した。そして、確率的に発生する休止細菌を分
Posted On 06 10月 2015

PI-137:

A Two Component Sensor Affect Ethanol Degradation in Acinetobacter baumannii

Hsieh , Kuen-Sheng1, Shu, Hung-Yu2, Lin, Guang-Huey3 1Master Program in Microbiology & Immunology, Tzu-Chi University, 2D of Bioscience Technology, Chang Jung Christian University, 3Department of Microbiology, Tzu-Chi University Affiliations: Kuen-Sheng Hsieh 1, Hung-Yu Shu 2, Gu
Posted On 06 10月 2015

PI-148:

微細気泡による大腸菌と発光細菌の活性化と制御に関する研究

山梨 由布, 伊藤 司 群馬大学 本研究はバクテリアと微細気泡の関係を培養効果の観点から探る基礎研究である。近年 、微細気泡の様々な効果について医療、農業、工業など多様な分野から注目を集めている が、比較的新しい分野であるためエビデンスに乏しい。たとえば、微細気泡の送気と粗大 気泡の送気ではバクテリアの増殖に違いが認められているがそのメカニズムは明らかでな い。本研究では微細気泡がバクテリアの培養に与える影響を明らかにするため、大腸菌と 発光細菌を対象として培養時に純酸素あるいは空気の微細気泡を供給し、粗大気泡を用い た培養や振とう培養との違いを比較検討した。 微
Posted On 06 10月 2015

PI-127:

Physiological and phylogenetic characterization of bacteriochlorophyll-containing oligotrophs isolated from river biofilm

Hirose, Setsuko1, Matsuura, Katsumi1, Haruta, Shin1 1Tokyo Metropolitan Univ. Biological Sci. Oligotrophs prefer to grow under low nutrient conditions. Oligotrophic bacteria have been found in aquatic and terrestrial environments. Aerobic anoxygenic photosynthetic bacteria are obligat
Posted On 06 10月 2015

PI-138:

Isocitrate lyase controls bacterial respiration under oxidative stress

Ahn, Sungeun1, Jung, Jaejoon1, Jang, In-ae1, Imlay, James2, Madsen, Eugene3, Park, Woojun1 1Korea University, 2University of Illinois, 3Cornell University Glyoxylate shunt is known as a short-cut of TCA cycle avoiding carbon dioxide-producing steps and essential for acetate and fatty
Posted On 06 10月 2015