PH-109:

Genomic adaptation of the thermophilic hydrogenogenic carboxydotrophic bacterium from marine sediment, Calderihabitans maritimus KKC1, driven by carbon monoxide dehydrogenases

Omae, Kimiho1, Yoneda, Yasuko2, Fukuyama, Yuto1, Daifuku, Takashi1, Yoshida, Takashi1, Sako, Yoshihiko1 1Kyoto univ. agri., 2AIST A novel thermophile Calderihabitans maritimus KKC1 (KKC1) isolated from a submerged marine caldera (Kikai caldera) can grow on carbon monoxide (CO) (carbox
Posted On 06 10月 2015

PH-120:

Functional classification of uncultured “Ca. Caldiarchaeum subterraneum” using the Maple System

Takami, Hideto1, Arai, Wataru1, Takemoto, Kazuhiro2, Uchiyama, Ikuo3, Taniguchi, Takeaki4 1JAMSTEC, 2Kyushu Institute of Technology, 3National Institute of Basic Biology, 4Mitsubishi Research Institute The MAPLE system was employed to establish a functional classification of archaeal
Posted On 06 10月 2015

PH-110:

Quality control of bacterial single-amplified genome sequences

Maruyama, Toru1,2, Mori, Tetsushi1,2, Yamagishi, Keisuke1,2, Takeyama, Haruko1,2 1Dept. of Life Sci. & Med. Biosci., Waseda Univ., 2CREST, JST Whole genome amplification (WGA) techniques have enabled us to access unexplored genomic information via sequencing of single-amplified g
Posted On 06 10月 2015

PH-121:

菌叢情報と疫学データの統合解析に向けた疫学データ解析のデータ整備と統計手法の開発

伊東 泰雄1, 水谷 紗弥佳1, 西本 悠一郎1, 谷内田 真一2, 山田 拓司1 1東工大・院生命理工・生命情報, 2国立がん研究センター研究所がんゲノミクス研究分野  本研究では、食習慣や生活習慣などの大規模疫学データと腸内細菌メタゲノムデータを統合的に解析することにより、食習慣や生活習慣と腸内細菌の変動とがん発症への一連の関連性を明確にし、がん予防や発がんリスクなどを評価する新たな知見を得ることを目的としている。  食習慣や生活習慣に関する疫学研究により、食事などによるがん発症のリスクが報告されている。また、腸内細菌の研究により、食習慣の違いによる腸内細菌群
Posted On 06 10月 2015

PH-111:

Evaluation of whole genome amplification methods for bacterial single-cell genomics.

Yamagishi, Keisuke, Mori, Tetsushi2,4, Maruyama, Toru, Ito, Michihiro2, Takeyama, Haruko 1Dept. of Life Sci. & Med. Biosci., Waseda Univ., 2CREST, JST, 3Res. Org. for Nano & Life Innovation, Waseda Univ., 4School of Creative Science and Engineering, Waseda Univ
Posted On 06 10月 2015

PH-122:

メタゲノム解析による生理・代謝機能ポテンシャルから見た富栄養湖沼(北浦)の窒素循環像

諏訪 裕一1, 村上 由夏1, 荒井 渉2, 池田 拓哉1, 勝山 千恵1, 小椋 義俊3, 林 哲也3, 吉永 郁夫4, 福原 康平1, 黒岩 恵1, 高見 英人21中央大大学院・理工, 2JAMSTEC, 3九大院・医, 4鳥取環境大 【目的】茨城県・北浦で嫌気性アンモニア酸化(anammox)活性が高いが脱窒活性が低い(KU3) 地点が見出された。KU3地点から採取した堆積物のメタゲノム配列情報から、特にanammox、脱窒、硝化などの窒素循環に関与するKEGG機能モジュールの充足率から判断された代謝能と実測された活性との関連性を検討した。さらに、KU3地点
Posted On 06 10月 2015

PH-112 (JTK):

Genome analysis of branched chain fatty acid degrading syntrophs: “Syntrophomonas wolfei subsp. methylbutyratica” strain JCM 14075T and Syntrophothermus lipocalidus strain TGB-C1T

Narihiro, Takashi1,2, Nobu K., Masaru1,2, Tamaki, Hideyuki1, Kamagata, Yoichi1, Liu, Wen-Tso2 1Bioproduction Research Institute, AIST, 2University of Illinois at Urbana-Champaign Syntrophic degradation of branched chain fatty acid (BCFA) such as 2-methylbutyrate and isobutyrate is an
Posted On 06 10月 2015

PH-123:

ヒト唾液菌叢の構造と機能の概日変動

高安 伶奈1, 須田 亙1,2, 小鳥遊 景泰1, 服部 正平4 1東大院・新領域, 2慶應・医, 3東大院・新領域, 4早稲田・先進理 ヒト常在細菌はホストのホメオスタシスや生活習慣と大きな関連があることが知られているが、それらが日常生活の中で菌叢の変動にどの程度影響するのかについての知見は少ない。我々は、詳細な経時サプリングが可能な唾液細菌叢における日内変動の解析を行った。6名の健常者から 数時間ごとに3日間採取した唾液検体から細菌叢 DNA を抽出し、16S rDNA V1-2 領域の 454 GS FLX を用いた 16S アンプリコン解析を行うことで、各
Posted On 06 10月 2015

PH-113:

A GenomeNet resource for virus-host interaction network analyses

Mihara, Tomoko1, Nishimura, Yosuke1, Uehara, Hideya2, Hingamp, Pascal1,3, Goto, Susumu1, Ogata, Hiroyuki1 1Institute for Chemical Research, Kyoto University, 2SGI Japan, Ltd., 3Aix Marseille Universit_, CNRS Viruses infect a wide range of cellular organisms from higher animals to tiny
Posted On 06 10月 2015

PH-124:

大腸菌プラスミドpSC101の複製と安定分配に関する解析

大山 加奈絵, 鳥井 隆史, 小島 由夏, 久留主 泰朗 茨城大学農学部  プラスミドは細胞内で染色体とは独立して複製し、安定的に娘細胞へと分配される。プラスミド安定分配システムは二つに大別され、一つは2つのタンパク質とセントロメア様領域から構成されるtrans-cis複合分配システム、もう一つはプラスミド上の非コードDNA領域のみに依存するcis分配システムである。  我々は多環芳香族炭化水素分解能に優れたSphingobium yanoikuyaeからpYAN-1およびpYAN-2を分離同定し、これらのプラスミドの安定性はシス型の安定分配機構であることを明らか
Posted On 06 10月 2015