植物微生物研究会第28回研究交流会のご案内

第28回研究交流会のページを開設しましたのでお知らせ致します。 次のURLにアクセスし、お申し込みください。 http://jspmi.brc.miyazaki-u.ac.jp/blog/28-28th-annual-meeting 交流会に関する主な情報は以下のとおりです。 会期:平成30年9月19日(水)〜21日(金) 会場:鳥取大学農学部 発表申し込み:平成30年8月3日(金)締め切り 予約参加申し込み:平成30年8月31日(金)締め切り 参加費:一般会員=3,000円 学生会員=1,000円 非会員=7,000円 懇親会:一般=5,000円 学生=3,00
Posted On 14 7月 2018
, By

【7/8更新】沖縄大会プログラムをアップデートしました

【7/8更新】 沖縄大会参加予定の皆様 日本微生物生態学会第32回大会の台風襲来による日程変更について先にご連絡させて頂きましたが、改訂した大会プログラムを大会ウェブサイトにアップデートいたしました。日程が大きく変更されているセッションがありますので必ずご確認ください。 日本語:http://meeting-jsme2018.com/ 英語:http://meeting-jsme2018.com/asme_english.html 7月11日(水)は開催中止となり、ほとんどのプログラムが13日(金)に移動しています。残念ながら中止となった企画もありますので、ご留意
Posted On 08 7月 2018
, By

【Program update, on July 8】Urgent Notice ASME/JSME meetings in Okinawa, the dates will change to July 12 & 13

Dear participants, We must inform you that a strong typhoon (named Maria) is now approaching Okinawa, the latest weather forecast says. According to the forecast as of this afternoon, July 10th would be the worst, and the Okinawa (Naha) International Airport is very likely to close al
Posted On 08 7月 2018
, By

【沖縄大会】大会期間変更のお知らせ(7月12日〜13日に短縮)

沖縄大会参加予定の国内会員・招待講演者の皆様 皆様へ緊急のお知らせがあります。7月11日から13日まで開催を予定している微生物生態学会・沖縄大会ですが、最新の気象情報によれば非常に勢力の大きい台風8号が沖縄に接近しており、最接近するのが7月10日と予想されています。7月10日は非常に強い暴風雨に見舞われ、那覇空港は終日閉鎖される可能性が極めて高いと予想されます。多くの参加者の皆さんがこの日の移動を予定されておられることと思います。実行委員会ならびに事務局で昨日から本日にかけて検討した結果、次のような措置をとることとしました。 (1)大会期間を一日短縮し、7/12な
Posted On 07 7月 2018
, By

【沖縄大会】一般口頭発表とポスターセッションのプログラムが公開!

本日沖縄大会HPにおいて下記<発表プログラム>が公開されました。 一般口頭発表 ポスター発表1日目(7月11日) ポスター発表2日目(7月12日) 発表登録をされた方は、下記リンクよりPDFをダウンロードし、ご自身の発表内容および日程についてご確認ください。 http://meeting-jsme2018.com/program.html なお、今回は「口頭発表希望」の方のみで口頭発表枠がいっぱいになりました。「口頭またはポスター(どちらでも良い)」を選んだ方は皆様ポスター発表とさせていただきました。 口頭発表およびポスター発表の形式につきましては追って詳細をお知
Posted On 15 6月 2018
, By

Flavobacterium 2018の開催について

主催 Flavobacterium 2018大会事務局 江口 充(近畿大学農学部) 永田 恵里奈(近畿大学農学部) 谷口 亮人(近畿大学農学部) 山本 充孝(滋賀県水産試験場) 菅原 和宏(滋賀県水産試験場) 日時 平成30年11月27日〜29日 場所 東大寺総合文化センター 早期登録参加費(6月1日〜8月31日) Regular 55,000円、Student 35,000円、Regular(Social program無し) 30,000円、Student(Social program無し)10,000円 後期登録参加費(9月1日〜10月31日) Regula
Posted On 01 6月 2018
, By

【沖縄大会】ASMEシンポジウムの暫定版Circularが公開!

沖縄大会ウェブサイトにて、10th Asian Symposium on Microbial Ecology (ASME)の暫定版circularが公開されました。 http://meeting-jsme2018.com/asme_circular.html 第10回目を迎えるASMEでは3つのシンポジウム形式のセッションを企画し、国内外の研究者による最先端の研究トピックスを揃えました。 ぜひ沖縄大会へのご参加をお願い申し上げます。 (以下、暫定版circularより抜粋) ASME Scientific Program ASME session 1 “
Posted On 10 5月 2018
, By

日本微生物資源学会第25回大会のお知らせ (一般演題4/20締切, 6/14-6/15開催@つくば)

6月14日から15日の日程で国立環境研究所(茨城県つくば市)にて、日本微生物資源学会第25回大会が開催されます。日本微生物資源学会は微生物研究の基礎となる微生物資源の保存機関の研究者が中心母体となっている学会ですが、2015年に旧・日本微生物系統分類研究会と合流することにより、微生物資源の保全及び持続的利用のみならず系統分類学の更なる発展を目指すことも目的としています。 http://www.jsmrs.jp/ja/ 第25回大会の詳細は上のURLでご覧いただけますが、6月15日(金)には、系統分類部会主催のシンポジウムが開催されます。当学会会員の花田 智 教授が
Posted On 06 4月 2018
, By

6th International Meeting on Magnetotactic Bacteria 2018 (7/30発表申込締切)

主催: Magnetotactic Bacteria (MTB) 2018 meeting組織委員会 会期: 2018年9月10日(月)~14日(金) 会場: 金沢商工会議所会館(〒920-8639 石川県金沢市尾山町9-13) 討論主題: 磁気微粒子を合成する磁性細菌を中心主題として、細菌の生理学・生化学・タンパク質化・分子生物学・ゲノム科学、微生物生態学・分類学、細胞解析技術、バイオミネラリゼーション、磁気微粒子を用いた環境・バイオ計測技術、環境浄化技術、無機材料合成等の微生物や磁気微粒子の基礎と応用に関する研究について議論を行います。同分野で国際的に著名な下
Posted On 01 3月 2018
, By

日本微生物生態学会第32回沖縄大会ホームページ公開!

日本微生物生態学会 会員の皆様 日本微生物生態学会第32回沖縄大会の大会ホームページが下記URLにて公開されました。 最新の大会情報につきましては大会ホームページにてご確認ください。 なお、大会への参加登録、発表申込みは2018年2月の開始を予定しております。 例年よりスケジュールが早くなっておりますのでご留意ください。 日本微生物生態学会第32回大会の大会ホームページ http://meeting-jsme2018.com/ また、広報用のポスターも添付致しましたので周知にご利用下さい。 ポスター 日本語版 Poster English version 大会に
Posted On 25 12月 2017
, By

日本微生物生態学会第32回大会開催のお知らせ

日本微生物生態学会第32回大会を下記の要領で開催致します。初の沖縄開催となる本大会は第10回のAsian Symposium on Microbial Ecology(ASME)と同時開催となり、アジアの研究者の交流の場ともなります。大会会場となる沖縄コンベンションセンターはビーチに隣接しており、初日のミキサーではビーチパーティーも企画しております。会員の皆様におかれましては関係各所への周知にご協力くださいますようお願い申し上げます。本大会の告知用ポスターを用意しましたのでご利用ください。 大会告知ポスター 日本語 大会告知ポスター 英語 大会スケジュールなら
Posted On 01 12月 2017
, By

来週の微生物観察会のお知らせ

学会員のみなさま 当学会が行う秋のイベント、微生物観察会がいよいよ来週に迫りました。 11月23日(木・祝、茨城県自然博物館)と11月25-26日(土・日、サイエンスアゴラ、東京お台場テレコムセンタービル)です。 詳細は下記をご覧ください。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 このたび素敵なポスターができあがりました。学会員の群馬大・山梨由布さん(D1)の作品です。 アウトリーチ活動へはさまざまな参加のかたちがあります。ご興味のある方は是非お気軽にご連絡ください。 参加者の染色作業や顕微鏡観察のサポートをしてくださるボランティアスタッフには多くの学会員の方に