NGS現場の会・第四回研究会(2015年7月1日-3日)のおしらせ

今年7月1〜3日につくば国際会議場で開催となる「NGS現場の会」第四回研究会の参加登録および演題募集が、いよいよ開始となりました。 様々な立場からNGSに関わる方の参加をお待ちしています。会場の収容人数に限りもありますため、どうぞお早めにお申し込みください。また、本メールの転送を歓迎いたします。 http://www.ngs-field.org/ngs4th/ 【事前参加登録締切は2015年4月17日まで】 NGS現場の会は、生物学分野に革命をもたらした新たなDNAシークエンステクノロジー(いわゆるNGSテクノロジー)に特化した日本で唯一のコミュニティーです。 N
Posted On 13 3月 2015

過去の編集委員会

2016編集委員会 Microbes and Environments 編集委員長 鎌形 洋一 Microbes and Environments 編集委員会 編集主任:豊田剛己*・春田伸・花田智・高井研・二又裕之 編集委員:Chih-Yu CHIU%・Jongsik CHUN・Jang-Cheon CHO・Wen-Tso LIU・古屋廣光*・濱村 奈津子・曵地 康史#・平石明・Shir-Ly HUANG%・Elena P. IVANOVA・加藤 純一・木村凡・Staffan KJELLEBERG・久我 ゆかり*・九町健一#・黒川顕・Mei-Chin LAI%・S
Posted On 12 3月 2015

教員公募のお知らせ(北大・工:助教)

平成27年3月4日 関係機関の長 殿 北海道大学大学院工学研究院長 名 和 豊 春 教員の公募について(依頼) 謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて,このたび本研究院では環境創生工学部門水代謝システム分野の助教を,下記要領で公募致します。つきましては,貴所属関係者に周知いただくとともに,適任者の推薦方ご依頼申し上げます。 なお,本研究院では,助教職(任期付)を若手研究者・教育者の育成ポストとして位置付け,選考・育成委員会が責任を持って人選し,育成することとしております。 また,北海道大学では,多様な人材による教育・研究活動の推進,男女共同参画
Posted On 10 3月 2015
off

海底マンガン鉱床の地球科学

丸山明彦会員が著者の一人である書籍「海底マンガン鉱床の地球科学」が出版されました。 海底のマンガン鉱床は、現世の海洋底に広範囲かつ大量に分布し,現在も成長しつづける貴重なレアメタル資源です。マンガン鉱床は海洋での物質循環に重要な役割を果たすと同時に、地球環境の変遷を記録しています。本書では地質学・資源学・地球化学・微生物学などからその実像を明らかにしています。微生物は酸化還元等の反応を通じて、さまざまな金属元素の循環にも影響をおよぼしていると考えられていますが、第5章では特にマンガンや鉄などの金属の循環に関わる微生物について説明されている数少ない日本語の教科書です
Posted On 06 3月 2015

web広告の掲載について

微生物生態学会ホームページ広告掲載要領 提出いただくファイルと情報 ・web広告掲載申込み用紙:所定欄をご記入の上、メール添付にて、jsme.office@gmail.comまでお送りください。ダウンロードはこちらから(web広告掲載申込み用紙_150305) ・バナー画像とリンク先URL:メール添付にて、jsme.pub@gmail.comまでお送りください。 ・バナー画像のサイズ:大は300 x 300ピクセル(横x縦)、小は300 x 100ピクセル(横x縦) ・バナー画像のファイル形式:jpegもしくはpng 価格表 バナーサイズ*1 価格*2,*3 大
Posted On 05 3月 2015

第17回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第17回マリンバイオテクノロジー学会大会を下記の要領で開催します。 大会日程   平成27年5月30日(土)~5月31日(日) 会  場   東京海洋大学 品川キャンパス 大会役員   大会会長 今田千秋:東京海洋大学海洋生物資源学科 教授   実行委員長 廣野育生:東京海洋大学海洋生物資源学科 教授 委  員 石田真巳、浦野直人、岡井公彦、永井宏史:東京海洋大学海洋環境学科        近藤秀裕、寺原猛、吉崎悟朗、矢澤良輔:東京海洋大学海洋生物資源学科               (順不同) 大会事務局  〒108-8477 東京都港区港南4-5-7     
Posted On 03 3月 2015