1.微生物ってなに?どんな生物?

微生物とは目にみえないくらい小さな生物のことです。細菌、菌類、ウイルス、微細藻類、原生動物(アメーバやゾウリムシなど)などが含まれます。

私たちが住んでいるこの地球。私たちはいろいろな生き物と一緒に生きています。小さな昆虫もいます。小型のアリは2ミリメートルほどしかありません。でも、ここで紹介する微生物はもっともっと小さな生き物です!

微生物とは微小な生物全体の総称で、特定の生物をさす言葉ではありません。肉眼で見ることができない、または肉眼で細かいところまで観察できない生物は、すべて微生物とよばれます。一般的には一つの細胞でできています(単細胞生物)。ウイルス、細菌、菌類(酵母、カビ、キノコなど)、微細藻類、原生動物とよばれる生物たちが微生物の仲間です。

<微生物の大きさ>

ほとんどが1ミリメートル以下です。では、カビやキノコは肉眼で見ることができるのに、なぜ微生物の仲間なのでしょうか。実は、私たちが見ているカビやキノコは、一個一個の細胞の集合です。カビの1細胞は数マイクロメートル(1マイクロメートルは1ミリメートルの1000 分の1)しかありません。顕微鏡を使うと、一個一個のカビの細胞を見ることができます。キノコも菌類の細胞が集まったもので、増殖するために作られた構造物です。

<微生物の形>

微生物の形はいろいろです。細菌には、丸いもの(球菌)や棒状のもの(桿菌)、また螺旋状になったもの(螺旋菌)などがあります(写真1)。
カビの形は細菌より複雑で、木の幹のような菌糸、その先に丸い胞子を作ります。どちらもカビの細胞です(写真2④写真2⑤)。
微細藻類は、ほとんどが水の中で生きています。珪藻や渦鞭毛藻がこの仲間です(写真3)。藻類は、植物のように光を使って栄養を作ります(光合成)。海で起こる「赤潮」の原因になることもあります。
原生動物とは、自分で動くことのできる微生物で、ミドリムシ、アメーバ、ゾウリムシなどがこの仲間です(写真4)。

【宮道 慎二(みやどう しんじ): 製品評価技術基盤機構】

※この記事は、絵本『いいことおしえてあげる ~びせいぶつのひみつ~』(リバネス出版)に掲載の解説記事を、一部改変して転載しています。文章・画像の無断使用はご遠慮ください。