PH-107:

Molecular analysis of octylphenol degradation by Sphingobium amiense strain YTT

Ootsuka, Mina1, Kanesaki, Yu2, Yoshikawa, Hirofumi2, Yoshioka-Ikunaga, Yoko1, Nishizawa, Tomoyasu3, Kurusu, Yasurou3, Ohta, Hiroyuki3 1Tokyo University of Agriculture and Technology, 2Tokyo University of Agriculture, 3Ibaraki University Octylphenol (OP) and nonylphenol (NP) are known
Posted On 06 10月 2015

PH-121:

菌叢情報と疫学データの統合解析に向けた疫学データ解析のデータ整備と統計手法の開発

伊東 泰雄1, 水谷 紗弥佳1, 西本 悠一郎1, 谷内田 真一2, 山田 拓司1 1東工大・院生命理工・生命情報, 2国立がん研究センター研究所がんゲノミクス研究分野  本研究では、食習慣や生活習慣などの大規模疫学データと腸内細菌メタゲノムデータを統合的に解析することにより、食習慣や生活習慣と腸内細菌の変動とがん発症への一連の関連性を明確にし、がん予防や発がんリスクなどを評価する新たな知見を得ることを目的としている。  食習慣や生活習慣に関する疫学研究により、食事などによるがん発症のリスクが報告されている。また、腸内細菌の研究により、食習慣の違いによる腸内細菌群
Posted On 06 10月 2015

OH-06:

Large-scale metagenomic analysis of the Japanese gut microbiome

西嶋 傑1, 須田 亙1,2, 大島 健志朗1, 金 錫元3, 飯岡 絵里香1, 木内 美沙1, 進藤 智絵1, 山下 直子1, 黒川 李奈1, 小宮 恵子1, 森田 英利4, 服部 正平1,51東大・新領域, 2慶應大・医, 3理研・IMS, 4岡山大・環境, 5早大・理工 Human gut microbiome is composed of over 100 trillion of microbes and has profound influences on host’s physiology. Recent development of next-gen
Posted On 06 10月 2015

PJ-158:

Complete genome sequencing of TC1 symbiont in Trimyema ciliate using PacBio sequencer

Shinzato, Naoya1, Saitoh, Seikoh1, Aoyama, Hiroaki1, Nikoh, Naruo3, Nakano, Kazuma2, Shimoji, Makiko2, Shinzato, Misuzu2, Satou, Kazuhito2, Teruya, Kuniko2, Hirano, Takashi2, Yamada, Takanori1, Park, Sanghwa1, Kamagata, Yoichi41TBRC, University of the Ryukyus, 2Okinawa Institute of Ad
Posted On 06 10月 2015

PH-108:

Whole genome analysis of non-phototrophic, thallium-tolerant Rhodopseudomonas sp. SK50-23

Bao, Zhihua1,2, Guo, Yong2, Zhao, Ji1, Ohta, Hiroyuki2 1College of Environment and Resources, Inner Mongolia University, 2Ibaraki University College of Agriculture Thallium (Tl) is a toxic heavy metal found in trace amounts in the earth’s crust, but found as a pollutant near non-ferro
Posted On 06 10月 2015

PH-122:

メタゲノム解析による生理・代謝機能ポテンシャルから見た富栄養湖沼(北浦)の窒素循環像

諏訪 裕一1, 村上 由夏1, 荒井 渉2, 池田 拓哉1, 勝山 千恵1, 小椋 義俊3, 林 哲也3, 吉永 郁夫4, 福原 康平1, 黒岩 恵1, 高見 英人21中央大大学院・理工, 2JAMSTEC, 3九大院・医, 4鳥取環境大 【目的】茨城県・北浦で嫌気性アンモニア酸化(anammox)活性が高いが脱窒活性が低い(KU3) 地点が見出された。KU3地点から採取した堆積物のメタゲノム配列情報から、特にanammox、脱窒、硝化などの窒素循環に関与するKEGG機能モジュールの充足率から判断された代謝能と実測された活性との関連性を検討した。さらに、KU3地点
Posted On 06 10月 2015

OK-07:

Toward ecosystem-scale biodiversity monitoring: Metabarcoding of microbial and environmental DNA from identical water samples

Iwasaki, Wataru1,2,3, Miya, Masaki4, Sato, Yukuto5, Fukunaga, Tsukasa2, Sado, Tetsuya4, Sato, Keiichi6, Minamoto, Toshifumi7, Yamamoto, Satoshi 7, Yamanaka, Hiroki 8, Araki, Hitoshi9, Fujimura, Reiko3, Ijichi, Minoru3, Hamasaki, Koji 3, Kogure, Kazuhiro3, Kondoh, Michio81Department of
Posted On 06 10月 2015

PJ-159:

Why are homopolymeric tracts so frequent in endosymbiont genomes?

Kinjo, Yukihiro1, Tokuda, Gaku2, Hongoh, Yuichi3, Ohkuma, Moriya1 1Japan Collection of Microorganisms, RIKEN BioResource Center, 2Tropical Biosphere Research Center, University of the Ryukyus, 3Tokyo Institute of Technology Accuracy of an information transfer in the central dogma depe
Posted On 06 10月 2015

PH-109:

Genomic adaptation of the thermophilic hydrogenogenic carboxydotrophic bacterium from marine sediment, Calderihabitans maritimus KKC1, driven by carbon monoxide dehydrogenases

Omae, Kimiho1, Yoneda, Yasuko2, Fukuyama, Yuto1, Daifuku, Takashi1, Yoshida, Takashi1, Sako, Yoshihiko1 1Kyoto univ. agri., 2AIST A novel thermophile Calderihabitans maritimus KKC1 (KKC1) isolated from a submerged marine caldera (Kikai caldera) can grow on carbon monoxide (CO) (carbox
Posted On 06 10月 2015

PH-123:

ヒト唾液菌叢の構造と機能の概日変動

高安 伶奈1, 須田 亙1,2, 小鳥遊 景泰1, 服部 正平4 1東大院・新領域, 2慶應・医, 3東大院・新領域, 4早稲田・先進理 ヒト常在細菌はホストのホメオスタシスや生活習慣と大きな関連があることが知られているが、それらが日常生活の中で菌叢の変動にどの程度影響するのかについての知見は少ない。我々は、詳細な経時サプリングが可能な唾液細菌叢における日内変動の解析を行った。6名の健常者から 数時間ごとに3日間採取した唾液検体から細菌叢 DNA を抽出し、16S rDNA V1-2 領域の 454 GS FLX を用いた 16S アンプリコン解析を行うことで、各
Posted On 06 10月 2015