HS-243:

ミドリムシの効率的な培養法

岡野 凌平 茨城県立水戸第一高等学校 最近,パラミロンやワックスエステルを合成することから,バイオ燃料の原料の候補としてミドリムシが注目されている。私は顕微鏡で観察したミドリムシの動きや細胞の構造に興味を持った。高校の実験施設で,できるだけ効率的に培養する方法を研究することで,ミドリムシの基礎的な特性・特徴を明らかにしたいと考えた。オートクレーブした0.02 %ハイポネックスを含む水溶液を培養液として,ミドリムシを日当たりのよい窓辺に置いた。ミドリムシは指数関数的に増殖した後,一定の個体数を保った。また,増殖へのpHの影響を調べるために,pH 7, pH 6.5,
Posted On 06 10月 2015

HS-244:

水戸一高の土壌からの放線菌の単離 〜薬剤耐性菌を生じにくい放線菌の利用〜

楠原 若菜 茨城県立水戸第一高等学校 私は,放線菌の産生する抗生物質が人間に対して薬として広く利用されていることに興味を持ち,放線菌の性質を利用したいと考えた。水戸一高の土壌から,放線菌を分離するための培地であるHV agar (KCl, Na 2HPO4, CaCO3, MgSO4・7H2O, FeSO4・7H2O, agar, フミン酸, ビタミン,シクロヘキシミド, ナリジクス酸を含む)を使用し,SDS-Yeast extract法または乾熱処理法により本校の土壌から放線菌を単離した。この放線菌が,細菌の生育を阻害する有用な抗生物質を分泌するかどうかを調べる
Posted On 06 10月 2015
12